子どもの頃のお正月の楽しみと言えば、大人からもらうお年玉。年齢と共に金額がだんだんと上がっていくのも楽しみでした。今までにもらったお年玉の金額でもっとも高額だったのは《10,000円以上20,000円未満》と答えた人が半数を超える結果となりました。
 すぐに中身をチェックしたい衝動を抑えて、後でこっそりと、ワクワクしながら袋を開けたお年玉。《10,000円以上20,000円未満》も入っていたら、それはかなり高額なようです。2位は《5,000円以上10,000円未満》。「5,000円」「10,000円」という額はキリも良いので、お年玉の上限になることも多いのかもしれません。
 少数派ではありますが、《5万円以上6万円未満》という超高額なお年玉をもらったことのある人もいました。お年玉は子どもが一年に一度、まとまったお金をもらえる貴重な機会ですが、総額があまりに大きくなった場合には、一部を貯金するよう助言したほうがよさそうです。
 お年玉の入っているお年玉袋も、年々バリエーションが増えています。小さい子どもには、市販のキャラクター入りお年玉袋が人気です。最近では、 型紙をダウンロードして印刷すれば、自分で簡単にお年玉袋を作れるサイトもあり、様々な模様のお年玉袋を少しずつ用意したい人には便利です。中身が気になるお年玉ではありますが、あげる側としては、それを包むお年玉袋に趣向を凝らしてみるのもよいかもしれません。