自分の事は自分が一番よくわかっているからこそダメな部分もはっきりと見えてしまうもの。自分のダメな部分を実感すると自己嫌悪に陥り「自分を変えたい」と思う事もあるのでは? 今回はそんな皆さんの直したい自分の性格について聞いてみました。

 多くの人が直したいと思っている自分のダメな部分は《面倒くさがり》なところでした。普段の生活の中で掃除・洗濯などの家事や、ダイエットや健康管理のためのエクササイズなどを「面倒くさい」と感じてしまい、自分が《面倒くさがり》だと思っている人が多いようです。そんな《面倒くさがり》の人が、やるべきことを片付けるのにとにかく大事なのが“やる気”を出すこと。“やる気”を出すには様々な方法があると思いますが、一番手っ取り早いのは「音楽をかけて気分を上げる」方法という人も多いのでは? 「やらなきゃ」と思っている事を「えいっ!」と早めに片付ければ気分もスッキリし、一日を有意義に過ごせるはずなので、自分なりのやる気スイッチを見つけて“脱面倒くさがり”を目指してはいかがでしょう。2位には《マイナス思考》、3位には《人見知り》がそれぞれランク・インしており、ネガティブな性格を変えたいと思っている人も多いようです。ネガティブな性格を変えることは難しいですが、まずはプラス思考を意識した発言に変える事によって少しずつ意識が変わっていくようなので、《マイナス思考》や《人見知り》を直すには、自分の発言から気をつけてみるのがいいかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:21184票
投票期間:2011/4/10〜4/23
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません