暖かい陽気が続くこのごろ、何を着たらいいものやらとコーディネートに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。衣替えをきっかけにワードローブを見直し、足りないものを買い足したり、買い換えたりとこの時期は買い物にでかける機会も増えたのでは? 「何か欲しい」「買うつもりはないけれど見たい」とウィンドウショッピングを楽しんでいるところに話しかけてくる店員。自分好みのアドバイスをしてくれるならば大歓迎ですが、そうではないケースも少なくないもの。そこで言いたいけれど言えない、店員のイラッとする言動について聞いてみました。

 最も多かった意見は《痩せれば着れますよ》でした。あと数センチのところで閉まらないファスナー。もう少し痩せたら着られると自覚しているだけに、他人から言われるとイラッとするものかもしれません。さらに「買ってしまえば痩せずにはいられませんし」なんて輪をかけて失礼な発言が続くと、購入意欲はみるみる落ちてしまうもの。思っていても言わないで……店員さん!

 続いて2位にランク・インしたのは、《試着の際の「いかがですか?」のタイミングが早い》が入っています。まだ自分のものでもない、新品の服に袖を通すのは何かと気を使うもの。それにもかかわらずタイミングの早い「いかがですか?」の一言には、無神経さすら感じるのでは。シルエットや丈を確認したりと、試着にあたっては自分なりのチェックポイントがあるもの。少し時間がほしいというのが本音のようです。

 自分好みのコーディネートに、しっくりくる着心地、さらに店員とのコミュニケーションが円滑にいけば値段以上の満足度を得られるもの。うまくコミュニケーションをはかり、身近なスタイリストとして頼りたいと思う人も少なくないのではないでしょうか。がっかりしてしまう店員の言動、みなさんがイラッとしたことのある経験は何位に入っていましたか?