多くの人が通勤や通学などの移動手段として利用する電車は、見ず知らずの人との距離が近くなる場面の一つ。そしてこのような狭い空間では様々な“気まずいこと”が起こるものですよね。そこで今回は、電車内で経験した気まずいことを聞いてみました。

 一番多かった気まずいことは《空席に座ろうと小走りで向かったが別の人に座られた》でした。電車内はみんなの「座りたい!」という欲望で埋め尽くされているものですが、その様子はなるべく表に出さないのが大人の乗車マナー。そんな電車の中で少し遠めの席が空いているのを発見した場合、欲望のまま小走りで席を確保しようとするも、別の人にスッと座られた時はそのまま小走りで電車を降りたいとさえ思ってしまうもの。小走りをしたことで自分の「座りたい欲望」が周りの人にバレてしまったという恥ずかしさもプラスされ、この項目が1位にランク・インしたのではないでしょうか。次に多かったのは《居眠りをして体がビクッとしてしまった》。電車内でウトウトしていて特に恥ずかしいのが、体がビクッとしてしまった瞬間。誰でも一度は経験があると思いますが、この現象は“ジャーキング”と呼ばれるもので、無意識におこる筋肉のけいれんの一種なのだとか。そもそも電車内など寝心地の悪い状況で起きやすくなる現象なので、電車内でこれを防ぐ方法はないのかも。ジャーキングしている人を見つけたら、温かい目で見守ってあげましょう。