作り置きをせずに注文を受けてから調理するアフターオーダー方式のハンバーガーチェーンといえばモスバーガーですよね。1972年の開業以来、日本人向けの味を追求した個性的なメニューを次々と送り出し、今では国内2位の座を獲得するほどに成長した同チェーンは、季節限定メニューや地域限定メニューが豊富なことでもおなじみです。

 そんなモスバーガーのメニューの中でも特に人気が高いのは、チェーン名にもなっている《モスバーガー》。ビーフとポークを合挽きにしたパティと、厚切りのトマトをバンズに挟み、特製のミートソースをタップリかけたメニューとしておなじみですね。2位にはそのバリエーションである《モスチーズバーガー》が続いており、定番中の定番メニューがワンツーフィニッシュを飾りました。

 3位の《テリヤキバーガー》は、さまざまなハンバーガーチェーンで人気のメニューですが、実はモスバーガーが他チェーンに先駆けて1973年に発売を始めた元祖の味。《モスライスバーガー「カルビ焼肉」》や《モスライスバーガー「きんぴら」》などのライスバーガー系メニューも元祖の名物商品として知られています。「どうすれば日本人に愛されるメニューになるのか」を日夜追求し、新しいメニューにチャレンジする企業としての姿勢を愛するファンも多いのかもしれませんね。

 辛党に人気のメニューが充実しているのもモスバーガーのうれしいところ。《スパイシーモスチーズバーガー》やホットチリソースをかけた《スパイシーチリドッグ》などがあり、お腹が空いているときにはますます食欲をそそります。上位の定番メニューばかり食べているという方は、一度トライしてみては?