1位は《30分》で、続いて僅差で《20分》が2位にランク・イン。入浴時間は平均で《20分》〜《30分》、長くても《45分》だという人が多いようですが、お風呂にどのくらいの時間をかけるかは入浴の目的によって左右されるといえそう。ライオンの調査によると、お風呂に入る目的として1位に挙げられたのは「体の洗浄」。他には「安眠」や「健康」のために入浴するという回答が目立ちました。「美容・ダイエット」を目的にお風呂に入ると答えた人は一番入浴時間が長く、平均で38.9分。また、多くの人々が「湯船につかること」に最も時間をかけていることがわかっており、湯船に入るか入らないかでもお風呂にかかる時間はかなり変わってきそう。湯船でゆったりと体を伸ばすのは健康にいいことですが、長時間入浴したり高温の湯につかったりすると、かえって体に負担がかかってしまうこともあるのだとか。リラックスするためには38℃〜40℃のぬるま湯に20分〜30分ほどつかるのがベストなようです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17005票
投票期間:2010/10/27〜11/10
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません