女性シンガーソングライターとして長年不動の人気を誇る中島みゆき。デビュー以来各年代で数々のヒット曲がありますが、90年代以降の曲で好きな曲を聞いたところ、堂々の1位となったのは《地上の星》でした。

 1位の《地上の星》は、テレビ番組『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の主題歌として人気を博した曲。CDがリリースされたのは2000年ですが、2002年の紅白歌合戦に初出場した中島みゆきが黒部ダムからの中継で歌ったことが話題になったり、その後も缶コーヒーのCMに使用されたりと未だ人気の高い楽曲となっています。続く2位には《空と君との間に》がランク・イン。こちらは安達祐実主演のドラマ『家なき子』の主題歌として有名で、歌詞はドラマに出てくる犬の視点で書かれているそう。ミリオンセラーを記録したこの曲は、中島みゆきの作品の中で累計売上枚数が最も多い作品となっています。
 3位の《時代》は、当初1975年にリリースされていますが、その後1993年にリメイクされ、現在はそちらの曲を聞いたことがあるという人も多いかもしれません。《時代》は多くのアーティストからも愛されており、有名アーティストのコンサートで歌われることも多いとか。近年では徳永英明がアルバム『VOCALIST』の中でカバーしたのも記憶に新しいところですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:19191票
投票期間:2010/10/15〜10/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません