イケメンシェフとして人気沸騰の川越達也をはじめ、若い女性や主婦層から絶大な人気を誇る料理研究家のコウケンテツなど、近頃は男性の料理人が注目を浴びています。エプロン姿の男性が真剣な眼差しで厨房に立つ姿、そして自分のために腕を振るってくれた料理ならば、胸がキュンとしてしまうものではないでしょうか。そこで「男性が作ってくれたらキュンとするお酒のおつまみ」について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《厚焼き卵》でした。焦がさないように火加減を調節しながら、一層ずつ丁寧に焼いていく《厚焼き卵》。一見簡単なようでいて、実は料理に慣れていないと出来ない一品です。丁寧に焼き上げられた《厚焼き卵》を見ると胸がキュンとなってしまう人は多いようです。続いて2位には《揚げだし豆腐》が入っています。こちらもシンプルな料理に見えますが、豆腐を油で揚げるなど意外と手間のかかる料理。《厚焼き卵》も《揚げだし豆腐》も多くの居酒屋にある定番のメニューで、自宅でゆっくりとお酒を楽しむにはもってこいの料理と言えそうです。4位の《餃子》は、具材のバランスなどで料理人の個性が出そう。具を皮に包む一生懸命な姿にキュンとしそうですね。

 「巣ごもり消費」や「巣ごもリッチ」といった言葉が飛び出すなど、ここ数年は外食を控える代わりに少しリッチな食材を買い込み、自宅で食事を楽しむスタイルを好む人も増えています。高級レストランにでかける代わりに、手軽な料理をサクッと作り、彼女をもてなすものアリかも。秋の夜長は男子厨房に立つ! これで意中の彼女のハートを射止めることは確実かも!?