1960年に山梨県の物産品である製品を販売する会社としてスタート。事業の失敗を経てキャラクター商品の販売へと事業転換し、世界的な成功を収めた企業といえば、皆さんもよくご存じのサンリオです。

 サンリオはハローキティマイメロディなど長い歴史を持つ人気キャラクターを多数抱えていますが、2000年以降に登場した比較的新しいキャラクターも、これらのキャラクターに負けず劣らずの人気を獲得しています。中でも人気が高かったのは《シナモロール》。シナモンロールのようなクルクルとしたしっぽが特徴の子犬の男の子シナモンを中心に、元気いっぱいな女の子シフォンやシナモンの事が大好きなミルクなど、かわいいキャラクターが多数登場します。

 続いての人気は、ハローキティから派生したキャラクターの《チャーミーキティ》。キティがパパからプレゼントされたペットのペルシャ猫です。キティ自身も猫であるため「猫が猫をペットとして飼っている」というちょっと変わった設定ですが、あえてペットとして登場させたのは、2004年の発表当時はメインターゲットである若い女性の間でペットがブームだったことが理由と言われているようです。

 サンリオにはマイメロディ以外にもウサギをモチーフにしたキャラクターが多い事はよく知られていますが、中でも人気が高いのは《ウサハナ》でした。ウサギをモチーフにしたキャラクターは、このほかにもテレビアニメから誕生したマイメロディのライバル《クロミ》や、《ジュエルペット》のルビーなど多数登場しますが、これは女性にとって「かわいい動物」といえば、ウサギをイメージする人が多いからなのかもしれませんね。