近年ワーク・ライフ・バランスが注目され企業が社員のプライベートを尊重する一方で、社員同士の関係が希薄になってきているのが問題に。最近では社員間の交流を活性化させるために社内行事が見直され始めていますが、あなたがあってもいいと思う社内行事は?

 1位は《忘年会》でした。仕事納めの年末に社内の仲間と騒いで日ごろのストレスを発散させたい人が多いのかも。2位には《社員旅行》がランク・イン。日常の喧騒から離れて社員同士で互いをねぎらえば、自然と仲も深まりそう。『月刊総務』の調査によると、約9割の企業が「社内行事は必要だ」と回答している一方で、積極的に行事に参加している社員は7割程度に留まっているのだとか。《役員との飲み会》のようにプライベート感に欠けて気の遣うことの多い行事には、参加を億劫に感じてしまう人が多いのかもしれません。仕事の息抜きになって時間や金銭などで個人の負担が少ない《忘年会》や《社員旅行》、3位の《スポーツ大会》のような行事であれば参加したいと思えるのかも!?
 社員間の連携を図るために社内行事が必要だと考えている企業にとって、今後は魅力的なイベントをいかに提供していくのかが大きな課題となりそうです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:12012票
投票期間:2010/8/2〜8/16
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません