最新作『トイ・ストーリー3』が海外アニメーションとしては空前の大ヒットを記録するなど、この夏も日本中の映画館を席けんしているディズニー映画。ディズニー映画と言えば、子どもたちが長期の休みに入る夏に公開されることが多いため「夏の映画」というイメージを持っている人も多いと思いますが、そんなディズニー映画の中で最も「夏が似合うキャラクター」と考えられているのは一体誰なのでしょうか?

 多くの人が「このキャラクターは夏が似合う」と考えたのは、1934年公開の短編映画『かしこいメンドリ』で脇役の1人としてデビューし、今ではディズニー短編映画を代表する主人公として《ミッキーマウス》に並ぶ人気を誇るアヒルの《ドナルドダック》でした。この《ドナルドダック》のトレードマークといえば、何と言っても上半身に身に付けたセーラー服とセーラー帽。今回のランキングで1位に選ばれたのも、このセーラー服姿が夏のイメージにマッチしているからなのかもしれませんね。

 続く2位には長編映画『ファインディング・ニモ』に登場するカクレクマノミの子ども《ニモ (ファインディング・ニモ)》がランク・インしました。日本では2003年冬の公開でしたが、もともとアメリカではサマーシーズンに公開された夏の作品。主な舞台となるのが海中で、ニモをはじめ多くの熱帯魚が登場するのも「夏に似合う」という印象を強めているのかもしれませんね。上位にはこのほかにも常夏の国・ハワイを舞台にした『リロ・アンド・スティッチ』の《スティッチ (リロ・アンド・スティッチ)》や、アンデルセンの小説を原作にした『リトル・マーメイド』の美しき人魚姫《アリエル (リトル・マーメイド)》など、海に関連した作品のキャラクターが上位を占めています。

 ちなみにgooの動画配信サービス「gooシネマコンプレックス」では、ジョニー・デップの怪演で話題を呼んだ『アリス・イン・ワンダーランド』を現在配信中です。映画館で《ウッディ (トイ・ストーリー)》や《バズ・ライトイヤー (トイ・ストーリー)》との再会を楽しんだ後は、ぜひご家庭で《アリス》やマッドハッターたちにも会いに来てくださいね。