歌やダンスはもちろん、トークに演技にと多彩な才能を発揮するジャニーズのタレント陣。そこでこれからのジャニーズ事務所を背負って立つ若手の中から「俳優としても輝けるタレント」について聞いたところ1位にランク・インしたのは《二宮和也》でした。

 人気グループ「」のメンバーとしての活躍もさることながら、単独でもテレビCMやドラマの主役を演じるなど俳優としても大いに活躍している《二宮和也》。ギャラクシー賞はじめ複数の受賞歴を持つ実力派なので、今後の俳優活動にも注目したいですね。続いて2位には《山下智久》がランク・イン。2000年に放送の『池袋ウエストゲートパーク』にはじまり、『カバチタレ!』『ランチの女王』など数々のドラマに出演。最近では『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』や『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命2nd season』での活躍が記憶に新しいところではないでしょうか。脇役から主役へ着々とステップアップし、救急救命医という難しい役どころも見事に演じていました。

 3位にはドラマ出演もさることながら、舞台にも多数出演する《生田斗真》がランク・イン。自身の所属グループはないものの、演技に力を入れた活動で一躍有名に。2010年2月公開の映画『人間失格』では映画初主演を果たすなど、俳優としての演技力に周囲の期待が集まっているといえそうです。

 「芸能界はリズム感」というジャニーズ事務所の方針通り、歌やダンスをみっちり鍛えられたジャニーズタレントたちの実力は、演技にもきちんと反映されているのではないでしょうか。みなさんが俳優としても輝けると思う若手ジャニーズタレントは何位にランク・インしていましたか?