先日報道された、「絶対に許さない!」泥沼不貞騒動のベッキーにLINE幹部が烈火のごとく激怒(アサジョ)という記事。

スキャンダルを起こしたベッキーに対してCMスポンサーであったLINEの幹部が激怒しているという内容なのだが、この信ぴょう性について、ネットでは疑問の声が多く上がっている。

■ この記事の完全版(全画像付き)を見る

決定的だったのは現在LINE株式会社の取締役CSMOであり、最高戦略・マーケティング責任者である舛田 淳氏のfacebookコメントである。


コメントでは

「ベッキーさんは、まだ何者でもなかったLINEの最初のCMに出てくださり、まさに、LINEからすれば、多大なる恩義を感じている功労者」
「私たちは、そんな功労者に対して、感謝し続けても、砂をかけるなんてことはありません。」

とし、

「最高戦略責任者である私がこの見解なのに、他のだれが激怒するの?」と、LINE幹部は激怒していないことを正式にコメントしている。


この記事を書いた記者はこれまでも数々の「関係者がコメント」という記事を書いているようだが、その真偽についても問われ始めているようだ。

毎日おびただしい量の情報やニュースに触れる現代だからこそ、週刊誌の記事を鵜呑みにすること無く、信ぴょう性には十分注意したいものである。

(いまトピ編集部)

※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)