夏だ!海だ!刺身だ!深海魚だーーー!!


梅雨が明け、本格的な夏が到来!
海の気分を味わいたかったえりすは先日、シーラカンスとダイオウグソクムシで有名な沼津港深海水族館へ遊びに行ってきました!レポートはコチラ☆


深海の世界をたーっぷり満喫した後は・・・

10%オフ
深海魚が食べたくなるよねーーー!!

ってことで!いざ深海魚が食べられるお店を探しにレッツゴー!
水族館と同じエリア内にある港八十三番地は、駿河湾を味わえる飲食店がいっぱい立ち並んでいます!

普通のお寿司や浜焼きも味わいたいけど、今日はグッとガマン。
ここでしか食べられない深海魚丼を味わいつくしたい!!

すると、気になるお店の張り紙を発見★


■すべての画像は記事下部、関連記事1本め(元記事)からご覧いただけます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3508.html


エヴァ?

「深海成分補完計画・超深海魚丼」!!

うぉぉおおおお!!!!!!
これぞ、今えりすが求めているものに違いない!深海成分を骨の髄まで味わい尽くせる丼。舐めて齧ってしゃぶり尽くしたい!!

早速友人と3人でお店(Donどこ丼さん)に入り、飲み物と、駿河湾名物「超深海魚丼」をオーダー。


ウキウキ♪
▲飲み物のラインナップも面白い!激辛カレーラムネは鼻にくる辛さ!

そして待つこと15分。


深海魚丼・・・正直、ナメていました・・・


!?

ドーーーン!


!!??

ド・ドーーーン!


■すべての画像は記事下部、関連記事1本め(元記事)からご覧いただけます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3508.html


・・・焼き魚に煮付けに刺身のコラボレーション丼って斬新すぎる!(笑)

盛られている深海魚は、メヒカリ、メギス、ホタルイカ、サクラエビ、アブラボウズ、コシオレエビ、ハシキンメ。(※その日によって多少変わるとのこと)

強烈な見た目のインパクトと深海魚独特の香りにド肝を抜かれたえりす。
火を通してるいのに生臭い?深海魚の持つ体臭が熱を凌駕している。
友人曰く「どぶと生臭いニオイを足して薄めた感じ(笑)」

ちなみに2、3人前で2500円(税込)。
そのまま食べても、お皿に取り分けてもインパクト抜群でござる。。。

なんかごめん
▲ビジュアルが・・・。

深海魚のお味は、全体的に淡泊だけど脂が乗っている感じ!食べ過ぎるとお尻が悲惨なことになるというアブラボウズは、煮付けが美味しかったよ!
脂っぽいから、もう少し生姜が効いていたらサッパリしそう。

個人的には揚げ深海魚がオススメ。骨までポリポリ食べられる!

メヒカリやメギスの焼き魚は淡泊で魚自体の味の区別がつかない。
素材の味を生かしているのだと思うけど、もっと塩気が欲しいかも!
友人「味の感想って・・・味がない・・・」とポツリ。

コシオレエビは裏側がオオグソクムシみたいで皮を剥くのに少しびびるけど、味はサッパリなボイルエビ感。可食部分は少な目。

ホタルイカ、サクラエビ、ハシキンメのお刺身は食べ慣れたお味。よく出回っているものには出回るだけの理由があるね、と盛り上がる。(美味しい。)


超深海魚丼は、色んな調理法の深海魚がてんこ盛りすぎて、


だんだん、何を食べているのか分からなくなる(笑)


そして、魚の脂と揚げ油のダブルパンチで圧迫される胃袋。最後はジャンケン勝負で勝った人から余った魚の中から食べたい(マシな)部位を選んで食べてく修行モードへ突入。もう何を食べているのかを考えられない。脂っぽい、淡泊、生臭い、深海魚たちが喉の奥を通っていく・・・。

それぞれの個性は面白いのだけどね!

ちょっとクセがあるから、食べる深海魚は好き嫌いが分かれるかも?
脂の乗った魚が好きな人、お刺身よりも火を通した魚が好きな人に超深海魚丼はオススメです!!


ふぅぅ~
ご馳走様です♪もう食べられない…(^p^)

1度は食べてみたい深海魚丼!今年の夏は深海魚づくしで過ごしてみては如何ですか?



★おまけ★



深海魚バーガーはフィレオフィッシュみたいだよ!(例のニオイはあるよ!)


■すべての画像は記事下部、関連記事1本め(元記事)からご覧いただけます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3508.html



(桜井 えりす)