“一発屋”と呼ばれ、ブレイクしてもすぐにテレビから姿を消してしまうお笑い芸人が多い中、長年テレビで活躍し続けている実力派のお笑い芸人も少なくありません。
しかし、そんな実力派芸人の中には「以前ほどの面白さがない」と思われている人も…。
そこで今回は、全盛期の面白さがなくなったと思う芸人について探ってみました。

1位 石橋貴明(とんねるず)
2位 明石家さんま
3位 岡村隆史(ナインティナイン)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位はとんねるずの「石橋貴明」!


今活躍している関東芸人のトップと言っても過言ではないお笑いコンビ・とんねるず。長年続く人気番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)では、男気じゃんけんや芸人が時計を買う企画など、斬新な企画が次々と誕生し、人気を集めています。
芸能界やスポーツ界の知識が豊富で、今も十分に面白い石橋貴明ですが、30代のころは怖いもの知らずで番組内でもやりたい放題、大暴れした破天荒な狂犬というイメージだっただけに、「最近は落ち着いてしまった」と感じている人が多数。1位となりました。

2位は「明石家さんま」!


誰もが認めるお笑い界のトップに君臨する“お笑い怪獣”こと明石家さんま。自身のトーク力と周囲を面白く引き立てる能力に長けており、どのような企画の番組も彼がMCを務めると爆笑必至。61歳になった今もそのトーク力が衰えることはありません。
しかし、「若いころは今よりももっとキレがあった」「昔はもっと攻めていた」といった意見が多数。
昔から飛びぬけて面白いと言われていただけに、ハードルが高くなりすぎてしまっているのかもしれませんね。

3位はナインティナインの「岡村隆史」!


『めちゃ²イケてるッ!』(フジテレビ系)でのオファーシリーズが人気を集めており、EXILEのライブに初参加した“オカザイル”では、本家に負けないキレキレのダンスを披露し、あまりの面白さから今でも番組ファンの間では伝説として語り継がれるほど。
しかし最近のめちゃイケはどの企画もマンネリ気味…岡村隆史自身も落ち着いてしまっていて、以前ほどの勢いがないと感じている人が多いようで、3位となりました。

このように、長年活躍している実力派が名を連ねる結果となりました。気になる4位~31位のランキング結果もぜひご覧ください。

全盛期が面白すぎただけに、やや高いレベルを求められすぎているのかもしれませんね。

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:7,189票
調査期間:2017年01月14日~2017年01月28日