一番ハマった特撮メタルヒーローシリーズといえば? 2位「ビーファイターカブト」、1位に選ばれたのは…

1982年~1999年にかけてテレビ朝日系列で全17作品が放送された東映の特撮ドラマ、メタルヒーローシリーズ。メタリックなスーツに身を包んださまざまなヒーローが活躍する姿に、放送当時は胸を躍らせていた人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、一番ハマった特撮メタルヒーローシリーズはどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 重甲ビーファイター
2位 ビーファイターカブト
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は『重甲ビーファイター』!

メタルヒーローシリーズの第14作で、シリーズ史上初めて昆虫をモチーフにしたヒーローが登場する『重甲ビーファイター』。昆虫の精が宿るインセクトアーマーに身を包んだ3人の昆虫戦士が、ビーファイターとして異次元からやってきた侵略者・ジャマール軍団に戦いを挑みます。

放送期間:1995年2月5日~1996年2月25日
キャスト:土屋大輔(甲斐拓也/ブルービート 役)、金井茂(片霧大作/ジースタッグ 役)、葉月レイナ(羽山麗/レッドル 役) 他

2位は『ビーファイターカブト』!

『重甲ビーファイター』の続編で、メタルヒーローシリーズとしては第15作となる『ビーファイターカブト』。数億年の眠りから覚めたメルザード一族の地球侵略を防ぐため、高校生の主人公を中心とする新生ビーファイターが、ネオインセクトアーマーに身を包んで戦いに臨みます。

放送期間:1996年3月3日~1997年2月16日
キャスト:中里栄臣(鳥羽甲平/ビーファイターカブト 役)、安達直人(橘健吾/ビーファイタークワガー 役)、栗栖ゆきな(鮎川蘭/ビーファイターテントウ 役) 他

1位は『宇宙刑事ギャバン』!

後に続編2作が制作された『宇宙刑事』シリーズの第1作で、メタルヒーローシリーズの記念すべき第1作でもある『宇宙刑事ギャバン』。宇宙犯罪組織マクーに狙われた母の故郷・地球を守るため、銀河連邦警察から派遣された宇宙刑事ギャバン/一条寺烈が、し烈な戦いを繰り広げます。

放送期間:1982年3月5日~1983年2月25日
キャスト:大葉健二(一条寺烈/宇宙刑事ギャバン 役)、叶和貴子(ミミー 役)、西沢利明(コム長官 役) 他
魅力的な世界観や革新的な演出などで放送当時大いに話題となったメタルヒーローシリーズの元祖『宇宙刑事ギャバン』が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~17位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが一番ハマった特撮メタルヒーローシリーズは、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:442票
調査期間:2023年12月24日~2024年1月07日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

一番好きなブルボンのプチシリーズは?

  • プチ紅茶のビスケット

    投票
  • プチプライム 挟みローストの濃厚海老煎餅

    投票
  • プチプライム チーズ重ねの濃チーズおかき

    投票
  • プチココア

    投票
  • プチチーズ

    投票
  • プチソルティバタークッキー

    投票
  • プチプライム 芳醇ショコラのガナッシュケーキ

    投票
投票受付期間:2024/07/14 11:00 ~ 2024/07/28 10:59
話題の記事ランキングいまトピ
  1. 1.
    一番、演技下手『THE MUSIC DAY』で歌も下手だと話題に
    282,576
  2. 2.
    【放送事故】『Mステ』ハッキリと映ってる…「見えちゃってるじゃん」
    156,288
  3. 3.
    『映画』348館で公開も爆死、評価は最悪「演技やらせたらダメだ」
    124,876
  4. 4.
    出演者、全員嫌いになった『27時間テレビ』ヤバすぎた
    101,992
  5. 5.
    長渕剛、ウンザリか「長くファンでしたが、もう応援やめました」
    62,456
  6. 6.
    「不仲」の深刻さが一際浮き彫りに...2018年を最後に活動休止状態
    53,128
  7. 7.
    『CDTV』多くの視聴者が拒絶反応「もう何があっても受け入れられない」
    51,240
  8. 8.
    安藤美姫(36)涙ながらに謝罪も…冷めた声
    43,008
  9. 9.
    この世のものとは思えない『映画』評価が最悪「興行収入は1億500万円」演技やらせたらダメ
    33,960
  10. 10.
    『ドラマ』プロ意識がない…人気女優に疑問の声
    29,424
  11. 11.
    『ドラマ』視聴率4.6%、大失敗&黒歴史確定か「予想外の低評価」
    25,880
  12. 12.
    ヤバすぎた『27時間テレビ』7社がスポンサー降板「全く反省してない」「全員嫌いになった」
    19,384
  13. 13.
    最低オブザ最下位『映画』クサイ話と演技、気絶するかと思った「今年のワースト候補」
    17,904
  14. 14.
    『ドラマ』なんて言っているのか聞こえない「腹話術みたい」声が小さすぎ
    16,176
  15. 15.
    芸能活動休止中に違和感、5億5000万円の損害賠償「当たり前の権利やし」
    11,840

投票します。よろしいですか?