ジャンプアニメ史上最も過酷な人生を送っている主人公といえば? 3位 ゲン(はだしのゲン)、2位 竈門炭治郎(鬼滅の刃)、1位は…

「友情・努力・勝利」がキーワードだとされる『週刊少年ジャンプ』に掲載されている作品の主人公の中には、明るく振る舞っているものの過酷な過去を持っていたり、悲惨な事件などに巻き込まれてそこから必死に立ち直ろうとしていたりするキャラクターが少なくありません。
そこで今回は、ジャンプアニメ史上最も過酷な人生を送っていると思う主人公は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 ゲン
2位 竈門炭治郎
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「ゲン」!

1945年8月6日に原子爆弾が投下された前後の広島を舞台にした物語。目の前で父と姉弟を失いながらも妊娠中の母親と共に生き残った主人公・ゲンが、たくましく生きていく様子が描かれた。1973年から1年3カ月にわたり連載され、1983年にアニメ映画が公開。1986年には終戦から3年後の時代を描いた続編映画も製作された。

登場作品:はだしのゲン

2位は「竈門炭治郎」!

人食い鬼が存在する大正時代に、山で家族と暮らし、炭売りをしていた少年。ある日、自身が留守中に家族が鬼に襲われ妹の禰豆子以外は全員絶命、禰豆子も鬼の血が体内に入り鬼に変貌してしまっていた。禰豆子を人間に戻すため、家族の仇討ちのため、鬼狩りの組織「鬼殺隊」に入り鬼と闘う決意をする。

登場作品:鬼滅の刃

1位は「冴羽リョウ」!

世界屈指といわれる銃の腕前と高い戦闘能力で、法では裁けない悪を秘密裏に片付ける始末屋(スイーパー)。普段は根っからの女好きの三枚目だが、実は両親と乗っていた飛行機が墜落して唯一の生き残りとなり、内戦が続く中米のゲリラの村に拾われ、物心が付く前から銃を持って戦っていたという過去を持つ。

登場作品:シティーハンター
ということで、続編となる『シティーハンター2』の最終盤で壮絶な過去が明かされた冴羽リョウが1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~38位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたがジャンプアニメ史上最も過酷な人生を送っていると思う主人公は、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,122票
調査期間:2023年12月22日~2024年1月05日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

関連ランキング
notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

声が好きな30代のイケメン俳優は?

  • 重岡大毅(WEST.)(1992年8月26日)

    投票
  • 窪田正孝(1988年8月6日)

    投票
  • 大倉忠義(SUPER EIGHT)(1985年5月16日)

    投票
  • 白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)(1993年8月4日)

    投票
  • 佐藤健(1989年3月21日)

    投票
  • 吉沢亮(1994年2月1日)

    投票
  • 中村蒼(1991年3月4日)

    投票
投票受付期間:2024/07/09 11:00 ~ 2024/07/23 10:59

投票します。よろしいですか?