親を超えたかも!と思う男性芸能人ランキング 中井貴一、森山直太朗、仲野太賀、1位は?

テレビや雑誌で見かける有名人の中には親も有名人という人が多いですが、親が有名であればあるほど、周囲から「親と比べてどれほど活躍しているか」と比較されてしまうものですよね。
そこで今回は、「親を超えたかも!」と思う男性有名人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 仲野太賀
2位 森山直太朗
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「仲野太賀」!

俳優・中野英雄の次男として生まれ、13歳の時にドラマ『新宿の母物語』(フジテレビ系)で俳優デビュー。2008年に映画『那須少年記』で初の主演を務めると、以降も数々の映画やドラマに出演し、2016年にドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)で主人公の後輩役を演じてブレークしました。その後、2019年に芸名を「太賀」から現名義へと改名。2022年には俳優・松尾諭のエッセーを原作とするドラマ『拾われた男 LOST MAN FOUND』(NHK)に主演して話題となりました。

生年月日:1993年2月7日
出身地:東京都

2位は「森山直太朗」!

歌手・森山良子の長男として生まれ、インディーズでの活動を経て2002年にミニアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューすると、翌2003年にリリースしたシングル『さくら(独唱)』でブレークを果たしました。俳優としても活動しており、2020年には連続テレビ小説『エール』(NHK)に出演。翌2021年には短編映画『夜明け』(WOWOW)で主演を務めました。2023年3月には、映画『ロストケア』の主題歌となるシングル『さもありなん』を発売しています。

生年月日:1976年4月23日
出身地:東京都

1位は「中井貴一」!

「中井貴一」
昭和の大スター俳優・佐田啓二の長男として生まれ、大学在学中の1981年に映画『連合艦隊』で俳優デビュー。同作で「第5回 日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞しました。その後、1983年~1997年にかけて放送された人気ドラマ『ふぞろいの林檎たち』シリーズ(TBS系)でブレークすると、大河ドラマ『武田信玄』(NHK)や映画『壬生義士伝』など数々の話題作に主演。2019年の映画『記憶にございません!』では「第43回 日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞に選ばれました。

生年月日:1961年9月18日
出身地:東京都
働く人々のお昼ご飯を紹介するNHKの人気番組『サラメシ』のナレーターとしてもおなじみの中井貴一が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが「親を超えたかも!」と思う二世有名人は、何位にランク・インしていましたか?
写真:タレントデータバンク
中井 貴一|1961/9/18生まれ|男性|A型|東京都出身)
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
投票合計数:有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2023年3月10日~2023年3月10日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

日本のドラマに出演してほしいと思う韓国のイケメン俳優は?

投票受付期間:2024/06/14 11:00 ~ 2024/06/28 10:59

投票します。よろしいですか?