正直一番うまい「チョコスナック」ランキング

食べ出したら止まらない、あま~い魅惑のチョコスナック。スーパーやコンビニにはさまざまな種類のチョコスナックが並んでいて、どれにしようか迷っちゃいますよね。
そこで今回は、お菓子コーナーで販売されているチョコスナックの中で、みなさんが「正直一番うまい!」と思う商品について調査しました。

1位 たけのこの里シリーズ
2位 キットカットシリーズ
3位 アルフォートシリーズ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「たけのこの里シリーズ」!

1位に輝いたのは、株式会社明治の「たけのこの里シリーズ」でした。
1979年の発売以来、40年以上にわたり愛され続けているロングセラー商品で、サクサクとした食感のクッキーをまろやかな舌触りのミルクチョコレートで包み、さらにカカオが香るミルクチョコレートでコーティングした絶妙のバランスが特徴です。
2020年7月には、愛知県産の西尾抹茶を練り込んだ「まろやか抹茶味」も登場。こちらは期間限定商品なので、気になる方はぜひ早めにチェックしてくださいね。

2位は「キットカットシリーズ」!

2位にランク・インしたのは、「Have a break, have a KITKAT.」のフレーズでおなじみ、ネスレ日本株式会社の「キットカットシリーズ」です。
1935年にイギリスで「チョコレート クリスプ」として誕生したキットカット。1937年にブランド名として初めて「キットカット」が追加され、1949年には「キットカット」のみの表記となりました。
日本では1973年から販売を開始していますが、食感の良さやミルクチョコレートのほどよい甘さが人気となり、現在では、ブレークタイムのお供としてはもちろん、「きっと勝つ」の語呂にかけて受験生を応援するプレゼントとしても定番のお菓子になっています。

3位は「アルフォートシリーズ」!

3位には、チョコレートに描かれた帆船の絵柄がトレードマークの「アルフォートシリーズ」が続きました。
小麦の全粒粉を使用した香ばしいダイジェスティブビスケットとミルクチョコレートの取り合わせが魅力のアルフォート。チョコレートにデザインされている帆船には「お菓子という大海=市場に夢とロマンをもって漕ぎ出す」という思いが込められているのだとか。
ちなみに、全国には地域限定の「ご当地アルフォート」も存在しており、地域の特産品を使用したフレーバーでお土産品としても喜ばれているそうですね。
チョコレートとスナックの取り合わせに強いこだわりを感じるロングセラーがそろった今回のランキング。気になる4位~62位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたがお薦めするチョコスナックは、何位にランク・インしていましたか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,524票
調査期間:2020年7月11日~2020年7月25日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

脚本の完成度が高すぎると思う2000年以降の朝ドラは?

  • 舞いあがれ!(脚本:桑原亮子、嶋田うれ葉、佃良太)

    投票
  • あまちゃん(脚本:宮藤官九郎)

    投票
  • おかえりモネ(脚本:安達奈緒子)

    投票
  • ちむどんどん(脚本:羽原大介)

    投票
  • 瞳(脚本:鈴木聰)

    投票
  • まんてん(脚本:マキノノゾミ)

    投票
  • マッサン(脚本:羽原大介)

    投票
投票受付期間:2024/07/11 11:00 ~ 2024/07/25 10:59

投票します。よろしいですか?