2020年で「60歳」と聞いて驚く女性有名人ランキング

芸能界には、実年齢よりもはるかに若く見える有名人が多数存在します。今年還暦を迎える驚きの女性有名人も! そこで今回は、2020年で60歳と聞いて驚く女性有名人について探ってみました。

1位 黒木瞳
2位 浅野ゆう子
3位 TARAKO(声優)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「黒木瞳」!

「黒木瞳」
元宝塚歌劇団月組トップの娘役であり、その後は芸能界でさまざまな映画やテレビドラマに出演してきた名女優・黒木瞳。黒髪のショートカットヘアが印象的な彼女は、常にエレガントで美しく、凛とした雰囲気が漂う大人の女性。いつ見ても変わらない美貌を保ち続けていることから、年齢を気にしたことがなかったという人が多数。そんな彼女も今年還暦。60歳になると聞いて「信じられない」「美しすぎる」と驚く人が多く、1位となりました。

2位は「浅野ゆう子」!

トレンディードラマ全盛期に数々の作品に出演し、浅野温子とともに“W浅野”時代を築いた女優・浅野ゆう子。当時の大人気ドラマ『抱きしめたい!』(フジテレビ系)では浅野ゆう子の“とさか”のような前髪やメイク、肩パットが入ったジャケットをまねした人が多数。そんな浅野ゆう子も今年60歳。今でもツヤのあるきれいなロングヘアを保ち、スタイルも若い頃と変わっていないため、60歳になると聞いて驚いた人が多数。2位となりました。

3位は「TARAKO(声優)」!

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)にて主人公・さくらももこ(まる子)の声を担当する声優のTARAKO。毎週当たり前のように耳にしている小学生のまる子の声。実は1990年の放送当初から長年まる子の声を担当しています。顔が見えない声優という仕事をしているだけに、今年60歳になると聞いて驚きを隠せない人が多数。3位となりました。
このように、とても60歳には見えない若々しいルックスを誇る女性有名人が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~35位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの女性有名人が2020年で60歳になると知って驚きましたか?
写真:タレントデータバンク
黒木 瞳|10/5生まれ|女性|A型|福岡県出身)
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年12月19日~2019年12月19日

続きを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

名作&衝撃作だらけ!もう一度見たい野島伸司作品は?

  • 時には母のない子のように(1988年)

    投票
  • KISSしたい睫毛(2018年)

    投票
  • 未成年(1995年)

    投票
  • あいくるしい(2005年)

    投票
  • 愛という名のもとに(1992年)

    投票
  • 101回目のプロポーズ(1991年)

    投票
  • GOLD(2010年)

    投票
  • 49(2013年)

    投票
  • パパ活(2017年)

    投票
  • アルジャーノンに花束を(2015年(脚本監修担当))

    投票
  • 君が嘘をついた(1988年)

    投票
  • 高校教師シリーズ(1993年、1993年(映画版、原作・脚本担当)、2003年)

    投票
  • 家なき子シリーズ(1994年(企画担当)、1994年(映画版、企画・原案担当)、1995年(企画担当))

    投票
  • 美しい人(1999年)

    投票
  • 理想の息子(2012年)

    投票
  • ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年)

    投票
  • リップスティック(1999年)

    投票
  • プライド(2004年)

    投票
  • 百合だのかんだの(2019年)

    投票
  • ひとつ屋根の下シリーズ(1993年、1997年)

    投票
  • スキ!(1990年)

    投票
  • ラブシャッフル(2009年)

    投票
  • 人間・失格-たとえばぼくが死んだら-(1994年)

    投票
  • ヒーローインタビュー(1994年)

    投票
  • 世紀末の詩 The Last Song(1998年)

    投票
  • 君は僕をスキになる(1989年)

    投票
  • 聖者の行進(1998年)

    投票
  • 愛しあってるかい!(1989年)

    投票
  • お兄ちゃん、ガチャ(2015年)

    投票
  • 世にも奇妙な物語「死ぬほど好き」(1990年)

    投票
  • フードファイト(2000年(企画担当))

    投票
  • 新・星の金貨(2001年(原案担当))

    投票
  • 仔犬のワルツ(2004年(企画担当))

    投票
  • ゴールデンボウル(2002年)

    投票
  • 薔薇のない花屋(2008年)

    投票
  • この世の果て(1994年)

    投票
  • シニカレ(2012年)

    投票
  • すてきな片想い(1990年)

    投票
  • 高嶺の花(2018年)

    投票
  • OUR HOUSE(2016年)

    投票
  • 明日、ママがいない(2014年(脚本監修担当))

    投票
  • 彼氏をローンで買いました(2018年)

    投票
投票受付期間:2020/08/04 11:00 ~ 2020/08/18 10:59

投票します。よろしいですか?