プロ野球史上最強のサウスポー投手ランキング

プロ野球で活躍している投手の中には、サウスポー投手も少なくありません。歴史に名を刻むような大活躍をした選手も多数! そこで今回は、プロ野球史上最強のサウスポー投手について探ってみました。

1位 金田正一(故人)
2位 江夏豊
3位 工藤公康
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「金田正一(故人)」!

現役時代は国鉄スワローズと読売ジャイアンツにて活躍し、引退後はロッテオリオンズの監督を務めるなど、長きに渡り球界を盛り上げてきた金田正一。速球とカーブを武器に、じゃんじゃん三振の山を築き上げた彼。日本プロ野球史上唯一の通算400勝を達成しました。その他、通算奪三振(4,490奪三振)、通算完投(365完投)、通算イニング(5,526回2/3)、通算対戦打者(22,078打者)、通算与四球(1,808与四球)において日本記録を持つ、人々の記憶に残る偉大な投手・金田正一が1位となりました。

2位は「江夏豊」!

阪神タイガースをはじめ、多くの球団で活躍し、引退後は解説者、評論家として活躍している江夏豊。得意の直球に加え、変化球を身につけ、阪神タイガースのエースとして躍動し、世間に大きなインパクトを与えました。シーズン奪三振(401奪三振)の日本記録を保持し、その他6年連続奪三振、最多勝、最優秀防御率をはじめ、数々のタイトルを受賞。球界を代表するサウスポーとして長くファンから愛された江夏豊が2位となりました。

3位は「工藤公康」!

現役時代は埼玉西武ライオンズ、福岡ダイエーホークス、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズにて活躍し、現在は福岡ソフトバンクホークスの監督として、今年監督就任後4度目にあたる日本シリーズ優勝を果たしました。現役時代は14度出場し、11度の日本一を経験し、日本シリーズ通算最多奪三振(102奪三振)記録を持つ「優勝請負人」と呼ばれた工藤公康。確かな実績を積み重ねてきた工藤公康が3位となりました。
このように、多くの記録を保持し、人々の記憶に残っているサウスポー投手が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~43位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのサウスポー投手がプロ野球史上最強だと思いますか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,939票
調査期間:2019年10月12日~2019年10月26日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

ジャンプアニメ史上最高にかわいいヒロインは?

  • ネフェルタリ・ビビ(ONE PIECE)

    投票
  • 武元うるか(ぼくたちは勉強ができない)

    投票
  • 城戸沙織(アテナ)(聖闘士星矢)

    投票
  • 桂木弥子(魔人探偵脳噛ネウロ)

    投票
  • イヴ(BLACK CAT)

    投票
  • 弥海砂(DEATH NOTE)

    投票
  • ララ・サタリン・デビルーク(To LOVEる -とらぶる-)

    投票
投票受付期間:2024/07/17 11:30 ~ 2024/07/31 10:59

投票します。よろしいですか?