「保栄茂」これ読める?沖縄県の難読地名ランキング

恩納村(おんなそん)や糸満市(いとまんし)をはじめ、沖縄県には変わった漢字や読み方の地名が多数存在します。読むのが難しい難読地名も多数。そこで今回は、読めたらすごい沖縄県の難読地名について探ってみました。

1位 保栄茂(びん)
2位 城辺新城(ぐすくべあらぐすく)
3位 東風平(こちんだ)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「保栄茂」!

「保栄茂」
沖縄県豊見城市に存在する保栄茂。“ほえも”などと読みがちですが、実はこの地名は保栄茂と書いて“びん”と読むそう。所説あるようですが、一説によるとその昔、この地域は“ぼえも”と呼ばれていたようで、“ぼえも”を漢字表記にしたのが“保栄茂”。現在に至るまでに独特な音の変化をたどり、“びん”となったと言われています。文字数も読み仮名も全く異なることから「絶対に読めない」と感じた人が多く、1位となりました。

2位は「城辺新城」!

「城辺新城」
沖縄県宮古島市に存在する城辺新城。“しろべしんじょう”などと読みがちですが、正しくは“ぐすくべあらぐすく”。確かに沖縄県では城を“ぐすく”と呼び、そのため“ぐすくべあらぐすく”と読むのが正解。城を“ぐすく”と呼ぶ文化を知っていれば読める漢字ですが、知らない人にとってはかなり難読。「知らないと読めない」という人が多く、2位となりました。

3位は「東風平」!

「東風平」
沖縄本島南部にあった町であり、現在は解散している東風平。“とうふうだいら”などと読みがちですが、正しくは“こちんだ”。琉球王国時代から記録のある歴史ある地だったそう。こちらも漢字からは読み方が一切想像できないことから、「読めない」と感じた人が多数。3位となりました。
このように、一般的な読みとは異なる当て字が使われている地名が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~52位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの沖縄県の地名が特に難読だと思いますか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,676票
調査期間:2019年5月01日~2019年5月15日

続きを読む

ランキング順位を見る

メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

実は埼玉県出身と知って驚いた芸能人は?

投票受付期間:2021/06/15 11:00 ~ 2021/06/29 10:59

投票します。よろしいですか?