大人になって食べられるようになったものランキング

食べ物の好き嫌いは人それぞれですが、皆さんは子どもの頃よりも大人になってからの方がいろいろな物を食べられるようになっていませんか?
味覚の成長に伴い昔は苦手だったものが食べられるようになることはよくあるそうで、大人になってから食べると嫌いだったはずなのにおいしいと感じることができた経験を持つ人も少なくないでしょう。
そこで今回は、大人になって食べられるようになったものについて探ってみました。

1位 ワサビ
2位 ピーマン
3位 カキ
3位 レバー
5位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ワサビ」!

「ワサビ」
独特なツンとした辛味の香辛料、「ワサビ」が堂々の1位に輝きました。
すしやそば、最近では和牛のステーキなどでもおなじみのワサビ。その独特で鼻にツンとくる辛味から苦手な子どもは非常に多いのですが、大人になるとむしろワサビがないと物足りなく感じることも少なくなく、まさに大人の食べ物の筆頭ですね。
実は918年に発刊された「本草和名」に「山葵」と記されていたことが確認されており、1,100年以上の歴史をもつ香辛料だそうで、その抗菌効果は随分昔から知られており、生魚を食する日本では欠かせない存在となっています。

2位は「ピーマン」!

「ピーマン」
実は唐辛子の仲間、「ピーマン」が2位を獲得しました。
こちらも苦手な子どもが多いピーマン。実はナス科トウガラシ属の果菜で唐辛子の仲間であり、その独特な苦味で子どもの嫌いな食べ物の筆頭となっていますが、最近では苦味成分を通常の1/10にまで抑えた「子どもピーマン」という品種の開発に成功しているそうです。

3位は「カキ」!

「カキ」
食中毒が怖い、「カキ」が3位にランク・インしました。
海のミルクともいわれるカキ。特に「真牡蠣」は冬の味覚として大人には大人気なのですが、子どもにとっては不気味な見た目となんとも言えないぶよぶよした食感、牛乳のような味わいという合わせ技のせいで苦手としている子どもが多いようです。

同率3位は「レバー」!

「レバー」
独特な食感、「レバー」が同率3位にランク・インしました。
栄養価が高いことで大人に人気のレバー。しかし子どもにとっては内臓であること、独特な生臭さ、ボロボロとした食感、なんとも言えない味であることが災いし、食べれない子どもが非常に多いそうです。
いかがでしたか?
ちなみに筆者は「カキ」と「レバー」が食べられないので、きっと舌がいまだに子どもなんだと思います。

今回は「大人になって食べられるようになったものランキング」を紹介させていただきました。気になる5位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,235票
調査期間:2018年12月25日~2019年1月08日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

夏休みに行きたい日本の世界遺産は?

  • 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(鹿児島県、沖縄県)

    投票
  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎県、熊本県)

    投票
  • 富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

    投票
  • 国立西洋美術館本館「ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献‐」(東京都 ※7か国(日本、フランス、アルゼンチン、ベルギー、ドイツ、インド、スイス)にまたがる「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産の一つ)

    投票
  • 姫路城(兵庫県)

    投票
  • 原爆ドーム(広島県)

    投票
  • 知床(北海道)

    投票
投票受付期間:2024/06/13 11:30 ~ 2024/06/27 10:59
投票受付中

投票します。よろしいですか?