懐かしすぎ!平成前半にはまったものランキング

今年の4月30日をもって、平成という一つの時代が終わります。平成の約30年間を振り返ると、さまざまなファッションや文化が流行し、社会現象となりました。
そこで今回は、平成前半にはまった懐かしいものについて探ってみました。

1位 たまごっち
2位 スーパーファミコン
3位 プレイステーション2
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「たまごっち」!

1996年11月23日にバンダイから発売されたデジタル携帯ペット・たまごっち。画面に登場するキャラクターに餌を与えたり、一緒に遊んだりして育てていくゲームで、子どもを中心に人気に火がついて日本各地で品切れが続出。偽物が出回る事態にもなったほど、社会現象を起こした人気商品。
どのように育てるかによって、キャラクターが“まめっち”“おやじっち”“くちぱっち”など違った成長をたどるのも魅力の一つ。そんな一大ブームとなったたまごっちが1位となりました。

2位は「スーパーファミコン」!

“スーファミ”の愛称で知られる1990年に発売された家庭用ゲーム機・スーパーファミコン。『スーパーマリオカート』、『ドラゴンクエスト』シリーズ、『ぷよぷよ』などさまざまなゲームソフトが発売され、夢中になってプレイした人が多数。
兄弟や友人とコントローラーの取り合いをした経験がある人も多いのではないでしょうか。大人から子どもまで多くの人がはまったスーパーファミコンが2位となりました。

3位は「プレイステーション2」!

スーパーファミコン発売から10年後の2000年に発売された家庭用ゲーム機・プレイステーション2。迫力のある実写表現が魅力で、発売当時は画面の美しさに感動した人が多数。
特に臨場感やリアリティーが高い『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめとしたRPGゲームを何時間も夢中になって続けたという人が多く、3位となりました。
このように、発売当初は売り切れが続出した人気商品が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~48位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、平成前半にはまったものはありますか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,612票
調査期間:2018年10月28日~2018年11月11日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

嵐・松本潤がはまり役だった連続ドラマは?

  • 「バンビ~ノ!」伴省吾 役

    投票
  • 「Vの嵐」松本潤 役

    投票
  • 「黄色い涙(映画版)」勝間田祐二 役

    投票
  • 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」武蔵 役

    投票
  • 「ラッキーセブン」時多駿太郎 役

    投票
  • 「陽だまりの彼女」奥田浩介 役

    投票
  • 「夏の恋は虹色に輝く」楠大雅 役

    投票
  • 「ピカ★★ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」二葉廉太郎(ボン) 役

    投票
  • 「ぼくらの勇気 未満都市」モリ(江口杜生) 役

    投票
  • 「東京タワー(映画版)」大原耕二 役

    投票
  • 「必要のない人」大野拓 役

    投票
  • 「ナラタージュ」葉山貴司 役

    投票
  • 「ごくせん(第1シリーズ)」沢田慎 役

    投票
  • 「スマイル」早川ビト 役

    投票
  • 「きみはペット(2003年)」合田武志(モモ) 役

    投票
  • 「失恋ショコラティエ」小動爽太 役

    投票
  • 「99.9 -刑事専門弁護士-」深山大翔 役

    投票
  • 「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY」二葉廉太郎(ボン) 役

    投票
  • 「金田一少年の事件簿(2001年)」金田一一 役

    投票
  • 「花より男子(2005年)」道明寺司 役

    投票
  • 「僕は妹に恋をする」結城頼 役

    投票
  • 「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」二葉廉太郎(ボン) 役

    投票
  • 「新宿少年探偵団」神崎謙太郎 役

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2019/02/23 11:00 ~ 2019/03/09 10:59

投票します。よろしいですか?