劇場版ドラゴンボールで一番強敵だったキャラランキング

日本のみならず海外でも絶大な人気を誇る『ドラゴンボール』シリーズ。漫画やアニメの世界では王道バトルものの名作として有名ですね。本編ももちろん面白いのですが、いわゆる劇場版には2時間ほどの間にドラマとバトルが詰め込まれており、またオリジナルキャラクターの登場など、いつもと違う楽しさが魅力的ですね。
そこで今回は、劇場版ドラゴンボールで一番強敵だったキャラをアンケート、ランキングにしてみました。

1位 フリーザ
2位 ブロリー
3位 ビルス
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「フリーザ」!

蘇った宿敵、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の「フリーザ」が堂々の1位に輝きました。
本編ではナメック星で悟空と死闘を繰り広げたフリーザ。本作ではパワーアップし復活したフリーザが、新たな強敵として悟空たちの前に現れることに。
ただ復活しただけではすでに負けているフリーザに勝ち目は無いのですが、悟空へ復讐するために生まれて初めて戦闘トレーニングを行い、新たな姿を手に入れて悟空を圧倒することとなります。

2位は「ブロリー」!

伝説の超サイヤ人、『劇場版 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』の「ブロリー」が2位を獲得しました。
サイヤ人の生き残りであったパラガスとブロリー親子と対峙した悟空たち、実はブロリーは生まれながらにして脅威的な戦闘能力を持っており、見たこともない超サイヤ人の姿となって悟空たちを窮地に追い込みます。

3位は「ビルス」!

プリンでキレた破壊神、『ドラゴンボールZ 神と神』の「ビルス」が3位にランク・インしました。
超サイヤ人3の悟空をデコピンで吹っ飛ばすほどのとんでもない力を持った破壊神ビルス、歴代の敵のように悪意を持った悪役ではないのですが、プリンを魔人ブウに独り占めされたことに激怒し地球破壊を宣言します。
いかがでしたか?
今年12月14日公開の『ドラゴンボール超 ブロリー』でも登場が決定している2位の「ブロリー」、実は過去作登場分の投票も合算すると1位のフリーザを超える得票であり、その存在感と劇中でのインパクトがうかがえる結果となりました。

今回は「劇場版ドラゴンボールで一番強敵だったキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~25位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,668票
調査期間:2018年9月25日~2018年10月09日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

嵐・相葉雅紀がはまり役だった連続ドラマは?

  • 「ムコ殿」武山亮 役

    投票
  • 「三毛猫ホームズの推理」片山義太郎 役

    投票
  • 「少年たち」松下圭 役

    投票
  • 「バーテンダー」佐々倉溜 役

    投票
  • 「ようこそ、わが家へ」倉田健太 役

    投票
  • 「貴族探偵」貴族探偵 役

    投票
  • 「『少年タイヤ』名作劇場ドラマシリーズvol.3『青木さん家の奥さん』」酒店の先輩従業員 役

    投票
  • 「ラストホープ」波多野卓巳 役

    投票
  • 「っポイ!」日下万里 役

    投票
  • 「マイガール」笠間正宗 役

    投票
  • 「ヤンキー母校に帰る」屋敷哲治 役

    投票
  • 「Vの嵐」相葉雅紀 役

    投票
  • 「僕とシッポと神楽坂」高円寺達也 役

    投票
  • 「ぼくらの勇気 未満都市」アキラ 役

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2019/02/17 11:00 ~ 2019/03/03 10:59

投票します。よろしいですか?