芸能界には、トリオで活動する芸人も少なくありません。3人が織り成す絡みは、コンビとはまた異なる魅力がありますね。そこで今回は、一番面白いと思うトリオ芸人について探ってみました。

1位 東京03
2位 ロバート
3位 ダチョウ倶楽部
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「東京03」!


豊本明長、飯塚悟志、角田晃広からなるお笑いトリオ・東京03。芸人仲間から“コント職人”“コントバカ”などと呼ばれるほどコントに力を注いでいる彼ら。2009年には『キングオブコント』にて優勝しています。
日常のありがちなシチュエーションを題材にした彼らのコントは、角田が作り出す気まずい雰囲気、淡々とした豊本のボケ、そして飯塚の的確なツッコミや言葉選びが絶妙!
一見地味な雰囲気の彼らですが、実力は折り紙つき。一度見ると癖になる独特の世界観に魅了される人が多数。2位に大きな差をつけてダントツの1位となりました。

2位は「ロバート」!


山本博、秋山竜次、馬場裕之からなるお笑いトリオ・ロバート。深夜バラエティー番組として放送がはじまった『はねるのトびら』でブレイクし、現在も多くのネタ番組やバラエティー番組で活躍しています。
ボケ担当の秋山が演じるアクが強いキャラクターにハマる人が続出! そしてつかみどころのない馬場と、常に振り回され役のツッコミ担当の山本……3人のバランスが良く、「どのネタも面白い」との声が多数。2位となりました。

3位は「ダチョウ倶楽部」!


肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵からなるお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部。リアクション芸の代表格で、芸歴30年を超えるベテラン芸人。
熱々おでんや熱湯風呂をはじめとした体を張った芸や、「ヤー!!」「ムッシュムラムラ」といった3人声をそろえるギャグは時代を超えて多くの人から愛されています。「ついお決まりの絡みを求めてしまう」という人が多く、3位となりました。

このように、コントに定評があるトリオ芸人が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~28位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのトリオ芸人が面白いと思いますか?

写真:タレントデータバンク
東京03|お笑い芸人)
ロバート|お笑い芸人)
ダチョウ倶楽部|お笑い芸人)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,177票
調査期間:2018年8月30日~2018年9月13日

つづきを読む