一番緊張感のあるギャンブル漫画ランキング

金品などを賭けて行われる勝負「ギャンブル」、一部のものを除き日本では基本的に行為そのものが法令で禁止されていますね。
しかしギャンブルには依存症が認められるほどの魅力があり、漫画や小説といった創作の世界でもたびたび取り上げられるテーマにもなっています。

そこで今回は「一番緊張感のあるギャンブル漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番読者をドキドキさせたギャンブル漫画とは、一体どの作品だったのでしょうか?

1位 賭博黙示録カイジ
2位 賭ケグルイ
3位 アカギ~闇に降り立った天才~
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『賭博黙示録カイジ』!

命をも賭けるギャンブル漫画、『賭博黙示録カイジ』が堂々の1位に輝きました。
自堕落な主人公が知り合いの借金を背負う羽目になり、その借金を一括で返済するチャンスがあるとしてギャンブル船「エスポワール」に乗り込み、様々なギャンブルを行う事となります。
命に直接関わるようなギャンブルも多く、他の作品でもオマージュされている「ざわ…ざわ…」という緊張感を表現した書き文字は、誰もが一度は見たことのある表現なのではないでしょうか?

2位は『賭ケグルイ』!

ギャンブルで支配された学園、『賭ケグルイ』が2位を獲得しました。
学園での序列がギャンブルによって決められる私立百花王学園で、転校生である主人公夢子は様々なギャンブルに狂ったようにのめり込んでいきます。

3位は『アカギ~闇に降り立った天才~』!

伝説の雀士の若き日を描いた、『アカギ~闇に降り立った天才~』が3位にランク・インしました。
元々は『天 天和通りの快男児』からのスピンオフ作品でしたが、福本伸行先生の最長連載作品にもなる人気を誇っています。
いかがでしたか?
今回のランキングではギャンブル漫画ではあるものの、実際に金品のやりとりなどの描写が行われていない作品は除外させていただきました。

今回は「一番緊張感のあるギャンブル漫画ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~34位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,161票
調査期間:2017年12月13日~2017年12月27日

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

実は海外に住んだことがあると知って驚いた漫画家は?

  • 【衿沢世衣子】代表作:うちのクラスの女子がヤバい(英国)

    投票
  • 【玖保キリコ】代表作:シニカル・ヒステリー・アワー(英国)

    投票
  • 【高橋由佳利】代表作:プラスティック・ドール(トルコ共和国)

    投票
  • 【日丸屋秀和】代表作:ヘタリア Axis Powers(アメリカ合衆国)

    投票
  • 【市川ラク】代表作:オダリスク(トルコ共和国)

    投票
  • 【楠本まき】代表作:Kiss xxxx (英国)

    投票
  • 【西山優里子】代表作:Harlem Beat(フランス共和国、ラオス人民民主共和国 他)

    投票
  • 【香山哲】代表作:ベルリンうわの空(ドイツ連邦共和国)

    投票
  • 【増村十七】代表作:バクちゃん(カナダ)

    投票
  • 【ながらりょうこ】代表作:ねこと私とドイッチュラント(ドイツ連邦共和国)

    投票
  • 【芦藻彬】代表作:バベルの設計士(イタリア共和国)

    投票
  • 【近藤聡乃】代表作:ニューヨークで考え中(アメリカ合衆国)

    投票
  • 【吟鳥子】代表作:きみを死なせないための物語(アメリカ合衆国)

    投票
  • 【オノ・ナツメ】代表作:さらい屋五葉(イタリア共和国)

    投票
  • 【さそうあきら】代表作:コドモのコドモ(インド共和国)

    投票
  • 【夏目ひらら】代表作:後輩Aの告白(ドイツ連邦共和国)

    投票
  • 【瀬川環】代表作:源大夫(カナダ)

    投票
  • 【松本光司】代表作:彼岸島(台湾)

    投票
  • 【石塚真一】代表作:BLUE GIANT(アメリカ合衆国)

    投票
  • 【四方山貴史】代表作:終の退魔師―エンダーガイスター―(ドイツ連邦共和国)

    投票
  • 【KANA】代表作:女の友情と筋肉(アメリカ合衆国)

    投票
  • 【一本木蛮】代表作:勇者コジロー2(アメリカ合衆国)

    投票
  • 【井上三太】代表作:TOKYO TRIBE(フランス共和国、アメリカ合衆国)

    投票
  • 【意志強ナツ子】代表作:アマゾネス・キス(チェコ共和国)

    投票
  • 【獸木野生】代表作:PALMシリーズ(オーストラリア連邦)

    投票
  • 【沼津マリー】代表作:インドでキャバクラ始めました(笑)(インド共和国)

    投票
  • 【白乃雪】代表作:あたりのキッチン!(ドイツ連邦共和国)

    投票
  • 【南Q太】代表作:さよならみどりちゃん(ドイツ連邦共和国)

    投票
  • 【ヤマザキマリ】代表作:テルマエ・ロマエ(イタリア共和国)

    投票
  • 【かわかみじゅんこ】代表作:中学聖日記(フランス共和国)

    投票
投票受付期間:2022/08/13 11:00 ~ 2022/08/27 10:59
話題の記事ランキングいまトピ
  1. 1.
    【ご報告】離婚を公表、2015年に結婚と妊娠を発表していた
    419,990
  2. 2.
    第6話、あの大物有名人の息子が…「やっぱり似てる」「演技上手だねイケメンだし」「可愛い顔してる」
    235,736
  3. 3.
    『ぐるナイ』出演、激変「本気で、誰か分かりませんでした」別人みたい
    195,994
  4. 4.
    一体、何回放送する気だよ『金曜ロードショー』マジで無能「さすがに飽きた」「ホント馬鹿のひとつ覚え」もういいわ
    163,336
  5. 5.
    速水もこみち、報告「幸せいっぱい」「おめでとうございます」
    157,688
  6. 6.
    「不倫の代償」はイメージ低下どころでなく、ジャニーズも激怒か...元関ジャニ∞・錦戸亮、元KAT-TUN・赤西仁に手を出した
    151,152
  7. 7.
    ついに打ち切りか、復帰も「左腕はほぼ動かない」明かす
    94,640
  8. 8.
    本田望結、最新ショットが…「芦田愛菜とは差がついた」「さすがに気持ち悪い」
    93,528
  9. 9.
    元TOKIOの長瀬智也との交際も話題に「女優」現在の姿を公開「若い頃のあざとさはハンパなかった」
    80,216
  10. 10.
    【ご報告】きょう、ジャニーズ事務所が発表『藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)に関するご報告』謝罪
    73,392
  11. 11.
    「白石麻衣嫌い」が原動力か、西野七瀬に迫るほどの勢い、評価を急激に上げている
    46,928
  12. 12.
    結婚報告に祝福の声!「おめでとう!」「好感持てる」女子から絶大な人気
    45,336
  13. 13.
    きょう、番組降板を発表「テレビから干される口実のような気がしてならない」
    35,960
  14. 14.
    【発表】降板決定も「見苦しい」「負け惜しみ」か、明石家さんまも激怒
    24,786
  15. 15.
    降板してホッとしたのに...まだ出してるなんて、どうなってんだ?大炎上後の「ゲスト出演」に賛否
    23,656

投票します。よろしいですか?