実態はわかりませんが何となく男性が多いイメージのある漫画家。女性漫画家さんの中には「少年向け雑誌」の読者のことを考慮し、男性名をペンネームにしてデビューした人もいるんだとか。
最近はそんな事もなく、多くの女性漫画家さん達が様々なヒット作をリリースしメディアミックスなどを展開していますね。

そこで今回は「一番面白いと思う女性の少年漫画家」をアンケート、ランキングにしてみました。
女性漫画家さんの中で一番面白い少年漫画を描いていると思われているのは、一体誰だったのでしょうか?

1位 高橋留美子
2位 荒川弘
3位 さとうふみや
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「高橋留美子」!


『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』など多数のヒット作を生んだ、「高橋留美子」が堂々の1位に輝きました。
仕事の鬼と言われるほどのシビアな制作意識、自他共に認める速筆とアイディアで漫画業界でも異例な、定期連載全作品がメディアミックス化を成し遂げています

2位は「荒川弘」!


『鋼の錬金術師』『銀の匙 Silver Spoon』『アルスラーン戦記』でお馴染み、「荒川弘」が2位を獲得しました。
妊娠・出産を連載中に挟むも1度も休載する事なくこなした豪傑で、『鋼の錬金術師』は2度のアニメ化、2度の劇場版リリースをされるほど人気の作品となっていますね。

3位は「さとうふみや」!


『金田一少年の事件簿 』シリーズや『探偵学園Q』を手がける、「さとうふみや」が3位にランク・インしました。
その名前と画風からかなり長い期間男性と思われていた漫画家さんとして有名で、読者にも推理をさせる作風は多くの人々をミステリーの世界へ導きました

いかがでしたか?
筆者は独特な画風とストーリーが魅力的な「加藤和恵」推しだったのですが、残念ながら8位に収まってしまいました。

今回は「一番面白い!女性の少年漫画家ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜33位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年10月03日~2017年10月03日