アニメ作品の華とも言える「ヒロイン」ですが、作品ごとに魅力を出すため様々な要素が追加されていますね。
とりわけ「かわいい」とか「きれい」とかに直結する要素は被りやすく没個性化しやすいのですが、それを嫌ってか「暴力性」を追加してしまったヒロインも多いとか少ないとか。

そこで今回は「理不尽すぎるアニメの暴力女子キャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番理不尽な暴力系女子キャラは、一体どの作品のどのキャラクターだったのでしょうか?

1位 志村妙
2位 涼宮ハルヒ
3位 芹沢文乃
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『銀魂』の「志村妙」!

作った手料理にも暴力性が備わる生粋の暴力系ヒロイン、『銀魂』の「志村妙」が堂々の1位に輝きました。
物語初期には美人設定や可哀想なシーンが多かったものの、徐々にメスゴリラキャラとしての頭角を発揮していきましたね。
現在は笑顔で毒を吐いたりブン殴ってくる事もザラで、ヒロインというよりはラスボスポジションに近い印象も感じてしまいます。

2位は『涼宮ハルヒ』シリーズの「涼宮ハルヒ」!

アニメのヒロインじゃなかったら確実に何回か逮捕されてもおかしくない、『涼宮ハルヒ』シリーズの「涼宮ハルヒ」が2位を獲得しました。
主人公に殴る蹴るパワハラモラハラは当たり前、神社の神主にエアガンを発砲したり、映画撮影と称して女子を(間接的に)池に落とすなど完全にDQNです本当にありがとうございました。

3位は『迷い猫オーバーラン!』の「芹沢文乃」!

「2回死ね!」の口癖と引っかき攻撃が特徴の嘘つき少女、『迷い猫オーバーラン!』の「芹沢文乃」が3位にランク・インしました。
近づくだけで引っ掻いてきたり、強烈な蹴りを繰り出すなど暴力そのもののような印象なのですが、稀にデレるのでそこに一部マニアックな方々から熱い支持があるようです。

いかがでしたか?
筆者的には『物語シリーズ』の「戦場ヶ原ひたぎ」が一番ヤバい(文房具で殺傷してくる)と思ったんですが、ランク・インすらしていなくてビックリしています。

今回は「ちょ、やりすぎ!理不尽すぎるアニメの暴力女子キャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜38位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,342票
調査期間:2017年04月30日~2017年05月14日