声優・林原めぐみのハマり役だったアニメキャラランキング

今年の3月30日で50歳を迎えた林原めぐみさん、現在も人気声優として第一線で活躍されていますね。
今でこそ当たり前ですが、以前は珍しかった「歌う声優」としての基礎を作ったとも言える人物で、一部の人からは「閣下」なんて呼ばれているそうです。

今回はそんな「林原めぐみのハマり役だったと思うアニメキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番林原めぐみさんがハマり役だと思われたのは、どのアニメキャラだったのでしょうか?

1位 綾波レイ
2位 灰原哀
3位 早乙女乱馬
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『新世紀エヴァンゲリオン』の「綾波レイ」!

活発な女の子キャラを演じる事が多かった彼女にしては珍しい、『新世紀エヴァンゲリオン』の「綾波レイ」が堂々の1位に輝きました。
いわゆる「無表情系」で人形のような彼女、感情の抑揚といったものも少なくこれまで「元気な女の子」役が多かった林原めぐみさんにはかなり新鮮な役だったのではないでしょうか?
それゆえにファンも「無表情な林原めぐみ」には驚いたと思いますし、抑揚がなくても耳に残る特徴的な声色は非常に印象強く残ったと思います。

2位は『名探偵コナン』の「灰原哀」!

主人公のコナン同様、体は子供、頭脳は大人な少女、『名探偵コナン』の「灰原哀」が2位を獲得しました。
「大人が子供のふりをして喋っている」独特なイメージがあり、かつ子供とは思えないクールっぷりが多くのファンを釘付けにしているようです。

3位は『らんま1/2』の「早乙女乱馬」!

水をかぶった時だけ登場する主人公のもう1つの姿、『らんま1/2』の「早乙女乱馬(女)」が3位にランク・インしました。
林原めぐみさんの人気の足がかりとなったキャラでもあり、「男言葉を話す可愛い声」というマニアにはたまらないシチュエーションでした。
いかがでしたか?
筆者的には4位「リナ=インバース」か26位「フェイ・ヴァレンタイン」がハマり役っぽい印象でした。

今回は「声優・林原めぐみのハマり役だったアニメキャラランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~46位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年1月10日~2017年1月13日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

声が好きな30代のイケメン俳優は?

  • 宮沢氷魚(1994年4月24日)

    投票
  • 岡田将生(1989年8月15日)

    投票
  • 間宮祥太朗(1993年6月11日)

    投票
  • 登坂広臣/OMI(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)(1987年3月12日)

    投票
  • 野村周平(1993年11月14日)

    投票
  • 神木隆之介(1993年5月19日)

    投票
  • 中村倫也(1986年12月24日)

    投票
投票受付期間:2024/07/09 11:00 ~ 2024/07/23 10:59

投票します。よろしいですか?