ガンダム史上最も「お似合いなカップル」といえば? 2位ランバ・ラル&ハモン

最初の作品『機動戦士ガンダム』から38年が経過した今もリリースされる、多くのガンダムシリーズ。
宇宙戦争と人間模様を描いたこのシリーズは悲劇的な出来事が圧倒的に多いですが、それゆえに男女が惹かれ合う様子も多く描かれていますね。

そこで今回は「ガンダムの最もお似合いなカップル」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番ベストなカップルと思われていたのは、どのペアだったのでしょうか?

1位 キラ・ヤマト&ラクス・クライン
2位 シャア・アズナブル&ララァ・スン
3位 ランバ・ラル&クラウレ・ハモン
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「キラ・ヤマト&ラクス・クライン」!

どこからか「アスランだろ」「フレイだろ」とささやき声が聞こえてきそうですが、「キラ・ヤマト&ラクス・クライン」が堂々の1位を獲得しました。
『機動戦士ガンダムSEED』シリーズの主人公であるキラ、序盤はガンダムシリーズ悪女筆頭のフレイと関係があり、後に元ライバルだったアスランの婚約者であるラクスをゲットするという、なんともドロドロな関係が…。
物語終盤では熟年夫婦の域まで仲睦まじくなっており、ベストカップルっちゃベストカップルですが元婚約者のアスランがとんでもなく報われないなぁと思わざるをえません。

2位は「シャア・アズナブル&ララァ・スン」!

カップルというより母子関係(主にシャアの発言)に近い2人、「シャア・アズナブル&ララァ・スン」が2位を獲得しました。
『機動戦士ガンダム』ではニュータイプ同士のカップル(?)だったのですが、そこにライバルであるアムロが登場、アムロはララァに惹かれつつも彼女を殺し、シャアは「ララァを殺したアムロ」を、アムロは「ララァを戦場へ連れたシャア」を憎み続けるという悲しい結末を生み出しました

3位は「ランバ・ラル&クラウレ・ハモン」!

ガンダム史上もっとも相思相愛だったとの呼び声も高い、『機動戦士ガンダム』の「ランバ・ラル&クラウレ・ハモン」が3位にランク・インしました。
生粋の武人ラルの「内縁の妻」というなかなか難しいポジションのハモン、結婚することは叶いませんでしたがその愛は本物で、ラルが殺された復讐でアムロを追い詰めるまで至りました
いかがでしたか?
筆者的には「シーブック・アノー&セシリー・フェアチャイルド」推しなんですが、やっぱ『機動戦士ガンダムF91』の知名度の低さが響いてる感じがしてしょんぼりです。

今回は「ガンダム史上最もお似合いなカップルランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~39位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,309票
調査期間:2017年02月21日~2017年03月07日

続きを読む

ランキング順位を見る

メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

最終回が最高だった少年漫画は?

投票受付期間:2021/01/22 11:00 ~ 2021/02/05 10:59

投票します。よろしいですか?