皆さんはアニメの映像作品を見ていて、感動して涙を流した事はありますか?
筆者はアニメ映画で涙を流した事はないのですが、作品に没入して感動してしまう方も多いようです。

そこで今回は「人生で一番泣いたアニメ映画」をアンケート・ランキングにしてみました。
一体どの作品が、一番多く人々の感動を引き出したのでしょうか?

1位 火垂るの墓
2位 君の名は。
3位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『火垂るの墓』!

誰もが1度は見た事のある戦中戦後の生活が題材の『火垂るの墓』が堂々の1位に輝きました。
小学校などで戦争教育や道徳教育の一環として視聴される事が多く、小さい頃に学校などで見た方も多いのではないでしょうか。
戦争による様々な理不尽さや現実の厳しさ、非情さを描いた作品ですが、あまりの救いの無さに涙した人も多かったようです

2位は『君の名は。』!

東京に暮らす男子高校生の立花瀧と、田舎に暮らす女子高生の宮水三葉との奇妙な「入れ替わり」を描いた『君の名は。』が2位を獲得しました。
入れ替わっているのでお互いをちゃんと認識する事ができないのですが、ラストの奇跡とも呼べる再会に感動した方が多かったようです。

3位は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』!

しんのすけが未来のために20世紀化させられた春日部を奔走する、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』が3位にランク・インしました。
「20世紀博」によって「子供の頃」に戻されてしまった大人たち、街が機能しなくなり子供達はパニックに陥りますが、しんのすけは元の世界を取り戻すためひろしの靴(劇臭)を頼りに奔走します。

いかがでしたか?
正直『火垂るの墓』はあまりにも悲惨でやるせない思いが強く、「感動」というよりは「悲しい・辛い」といった苦しさからくる涙のように思いました。

今回は「人生で一番泣いたアニメ映画ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜47位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年1月16日~2017年1月19日