【祝10周年】最高だと思う「KAT-TUN」のシングル曲ランキング

ジャニーズなのにワイルドでセクシー……2006年にセンセーショナルなデビューを飾ったKAT-TUN。3月22日でデビュー丸10年を迎えます。そこで『最高だと思うKAT-TUNのシングル曲』について聞いたところ以下の結果になりました。

1位 Real Face
2位 KISS KISS KISS
3位 Dead or Alive
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「Real Face」!

堂々の1位は「Real Face」でした。2006年3月に発売されたKAT-TUNのデビュー曲で、スガシカオが作詞、B'zの松本孝弘が作曲を手がけたことでも注目を集めました。

デビュー曲が10年経っても色あせないのも珍しく、コンサートではファンが振り付きで大合唱するほど親しまれています。3月22日発売のKAT-TUN初のベストアルバム『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”』には、スガシカオが楽曲を提供。10周年のメモリアルソングも、KAT-TUNを印象づける楽曲の一つとなりそうです。

ジャニーズといえば、笑顔はじけるポップでかわいらしい楽曲が印象的ですが、それとは一線を画すロックテイストをベースにしたのがKAT-TUN。RAPやボイパを取り入れるなど、オリジナルのスタイルを貫いています。バンギャルからhyphenへ転向した女性や男性のファンも多く、新たなファン層を獲得したのもKAT-TUNのすごいところ。

2位は「KISS KISS KISS」!

続いて2位の「KISS KISS KISS」は亀梨和也出演のドラマ「セカンド・ラブ」の主題歌。2015年3月の発売と比較的新しい曲がランク・イン。ちなみに初回限定盤2に収録のカップリング曲「RAY」もオススメ! 重厚感ある音と伸びやかなファルセットが重なり、繊細さとセクシーさが融け合う隠れた名曲。ライブでは照明と特効をふんだんに使った、ド迫力なステージを見せてくれました。KAT-TUNの楽曲はカップリングも聞き逃せないほど名曲揃いです。
幻想的な世界観から、夏の砂浜が似合うポップな曲、細やかな描写で男の恋心を描いたラブソングと、振り幅が大きいのもKAT-TUNの特徴です。一つとして同じ楽曲はないけれど、どれを聞いても“KAT-TUNらしさ”が滲むのには、必ず自分たちを潜らせているのも理由の一つ。

コンサートでは一から演出を考えてステージを作り込むなど、何事も自分たちで切り開いてきた強靭さが、“KAT-TUNらしさ”を形作っているのでしょう。4位以降、新旧入りまじる結果はピンチをチャンスに変えてきた証と言えそうです。
「Real Face」から26作連続でオリコン初登場1位を獲得と、記録も記憶にも残るKAT-TUN。5月の東京ドーム公演を最後に充電期間に入りますが、復活後にはどんな景色を見せてくれるのか、寂しさを越えて待ち望む気持ちが勝ります。

(執筆:柚月 裕実
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,344票
調査期間:2016年02月23日~2016年03月08日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

眞栄田郷敦が最高にかっこいい作品は?

  • あと3回、君に会える(道林征史郎 役)

    投票
  • 私の家政夫ナギサさん(瀬川遙人 役)

    投票
  • 小さな恋のうた(譜久村慎司 役)

    投票
  • 366日(水野遥斗 役)

    投票
  • どうする家康(武田勝頼 役)

    投票
  • エルピス-希望、あるいは災い-(岸本拓朗 役)

    投票
  • ノーサイド・ゲーム(七尾圭太 役)

    投票
投票受付期間:2024/05/19 11:00 ~ 2024/06/02 10:59
話題の記事ランキングいまトピ
  1. 1.
    あの『大人気ドラマ』が帰ってくる!最高視聴率34.4%「30年たった今でも有名」語り継がれている
    179,203
  2. 2.
    松本人志の誘いを2度断っていた…芸人の株が急上昇「愛妻家だしめちゃ好感度あがった」
    66,256
  3. 3.
    『羽鳥慎一モーニングショー』意味が全くわからない「人としてどうなんだ」非難の声が続出
    60,912
  4. 4.
    本田望結(19)、またか
    39,576
  5. 5.
    早くも猛批判『7月期ドラマ』出演発表「助演なのにど真ん中で主演みたい」違和感
    36,512
  6. 6.
    『ビッグカップル』誕生、ツーショットを晒したのは「真剣交際のアピールか」
    34,312
  7. 7.
    1月31日に出産発表したばかり「頬がコケて…」「体重を落としすぎ」
    31,208
  8. 8.
    みちょぱこと池田美優(25)、報告へ
    29,392
  9. 9.
    『新音楽番組』司会を担当も「なぜMCなのかわからない」テレビからも消えるか
    29,048
  10. 10.
    『映画』初登場10位、興行収入は5600万円程度...「怖いもの見たさ」自己中でヤバい主人公
    27,944
  11. 11.
    意外な「結婚発表」かつては「大女優のヒモ」呼ばわりされ
    21,936
  12. 12.
    松本人志を「ことごとく無視」絶縁状態『ワイドナショー』不快感を口にする
    17,576
  13. 13.
    サンドウィッチマン、テレビ局「出禁」門前払い
    16,712
  14. 14.
    いよいよ潮時か『番組』打ち切り・降板か、40年近く同じような内容
    12,680
  15. 15.
    『ポツンと一軒家』と『ニュース番組』でいざこざか
    11,408

投票します。よろしいですか?