テレビで「それヤメて!」と思うことランキング

娯楽が多様化した現代においても、テレビはいまだ注目度の高いエンターテインメント。しかし、昔ほど圧倒的な視聴率をたたき出すのは困難な時代にもなりました。各番組はより多くの人に見てもらうためにさまざまなアプローチを試みていますが、視聴者としてはあからさまな視聴率稼ぎの構成にイライラしてしまうことも…。今回は「テレビで『それヤメて!』と思うこと」について、皆さんにアンケートをとってみました。

■テレビで「それヤメて!」と思うことランキング
1位:CM明けにCM前の場面の繰り返し
2位:漫画を実写化したドラマ
3位:「CMのあとは」という虚言
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《CM明けにCM前の場面の繰り返し》でした。途中から見始めた視聴者に配慮した構成ですが、CM前から見ていた視聴者にとって、この構成はじれったく感じやすいもののようです。ちっとも内容が進まないことにしびれをきらして「もういいよ!」とチャンネルをかえてしまうという意見が多く寄せられました。

2位は《漫画を実写化したドラマ》でした。漫画の原作ファンにとっての、いわば黒歴史になりやすいのが、漫画の実写ドラマ化です。実写化が大成功した『のだめカンタービレ』などの例もありますが、第1話が放送されるまではハラハラする日々が続きそうです。

3位は《「CMのあとは」という虚言》でした。「CMのあとは」という煽りの内容に期待して見続けると、実は来週の次回予告の内容だった…という経験を、多くの人が持っているようです。いくら続きを見てほしいからとはいえ、だまし討ちのような構成はちょっと困りものです。

ランキングには番組の構成のほか、CMに関するものも多くランク・インしています。気になる番組はできるだけ録画して、CMやCM明けの重複シーンをとばすのもありかもしれませんね。

画像:goo画像検索

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,934票
調査期間:2015年7月13日~2015年7月27日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

主人公が最高に輝いていたと思う歴代の朝ドラは?

  • 娘と私(1961年)

    投票
  • あしたの風(1962年)

    投票
  • あかつき(1963年)

    投票
  • うず潮(1964年)

    投票
  • たまゆら(1965年)

    投票
  • おはなはん(1966年)

    投票
  • 旅路(1967年)

    投票
投票受付期間:2024/06/03 11:30 ~ 2024/06/17 10:59

投票します。よろしいですか?