1. 1位

    シャーマンキング

    ラスボス「ハオ」が突如お姫様姿の「プリンセス・ハオ」になり、さらには夢オチだった、というあまりにもヤケクソな最終回は有名。

  2. 2位

    世紀末リーダー伝たけし!

    筆者が逮捕されたことにより、ジャンプに謝罪文を載せて突然連載が終了。色々と衝撃的な打ち切り作品。

  3. 3位

    タカヤ -閃武学園激闘伝-

    メチャクチャな方向性で人気が振るわず打ち切りに。最後の「よっしゃあああツッ THE ENDォォ!! 」は多大なインパクトを残し、ある意味伝説に。

  4. 4位

    幕張

    作者と編集部の折り合いが悪かったのか、最終回は作中で「やってられっか!」とぶちまけ、主人公は「ガモウひろしでした」という謎のオチで終了。

  5. 5位

    ライジングインパクト

    一度打ち切りになったが再開し、その後また打ち切られる。二度打ち切りをくらった珍しい作品。

  6. 6位

    男坂

    ストーリーが終了する前に打ち切りになったため、最終ページには大きく「未完」の文字が書かれた。

  7. 7位

    俺たちの戦いはこれからだ!系のテンプレ的な打ち切り最終回で終了。

  8. 8位

    太臓もて王サーガ

    最終回「さよならは言わない」で終了。

  9. 9位

    ロケットでつきぬけろ!

    連載開始からわずか10週で打ち切りに。まさにロケットでつきぬけたスピード感。

  10. 10位

    チャゲチャ

    連載開始からなんと8週で打ち切られたギャグ漫画。ジャンプ史上最速打ち切りと言われている。

このランキングのコラムを見る