1. 1位

    セガサターン

    セガ・エンタープライゼスが1994年に発売。当時の価格は44,800円と高価。「バーチャファイター」シリーズなど名作も数多く残した。全世界出荷台数は1,446万台。

  2. 2位

    スーパーファミコン

    ファミリーコンピュータの後継機として、任天堂が1990年に発売。当時の価格は25,000円。全世界出荷台数は4,900万台。

  3. 3位

    Nintendo 64

    任天堂が1996年に発売。スーファミで人気だったサードパーティータイトルがほとんど発売されなかった苦い思い出。

  4. 4位

    ドリームキャスト

    セガサターンの次世代機として、1998年に発売。デカいコントローラーが特徴。「シーマン」などが有名。時代を先取りしすぎていた…。

  5. 5位

    AV仕様ファミリーコンピュータ(Newファミコン)

    1993年に発売された、コンポジットビデオ出力によるテレビ接続が可能のファミコン。ニューファミコンともいう。近未来的なデザインが特徴。

  6. 6位

    PCエンジンDuo-RX

    1994年にNECホームエレクトロニクスが発売した、初代PCエンジンの廉価&進化版。当時の価格は29,800円。

  7. 6位

    PCエンジンコアグラフィックスII

    1990年にNECホームエレクトロニクスが発売した、PCエンジンの三代目。

  8. 6位

    ネオジオポケットカラー

    SNKが1999年に発売した、携帯型ゲーム機。ネオジオポケットの進化&カラー版。

  9. 9位

    3DO REAL

    松下電器産業(現・パナソニック)が北米で1993年、日本で1994年に発売したゲーム機。プレステやセガサターンの普及により消える。

  10. 9位

    ワンダースワン

    バンダイが1999年に発売した携帯ゲーム機。「GUNPEY」や「チョコボの不思議なダンジョン」などのタイトルが有名。

このランキングのコラムを見る