1. 1位

    神奈川いろいろ知り大使

    椎木里佳(女子高生企業家)
    神奈川県が行っている数々の施策を、女子高生の目線から分かりやすく伝える活動。

  2. 2位

    ビックリマン終身名誉PR大使

    里崎智也(ロッテ)
    ビックリマンの魅力をPRすることが大使の役割。2014年に“ビックリマンデー”と名付けられた試合では、里崎のキャラクターシールが配布された。

  3. 3位

    とろろ芋大使(福島)

    桂文枝(桂三枝)
    とろろいものおいしさ、魅力を広めるためのPR大使としての活動がメイン。

  4. 3位

    わくわく親善大使

    高良健吾
    熊本市のブランド(熊本シティブランド)イメージアップを図ることを目的としている。他、プロゴルファーの古閑美保、コロッケ、宮崎美子、八代亜紀など多数いる。

  5. 5位

    みやぎ絆大使

    狩野英孝
    県民に復興への希望と活力を与えていただくとともに、“ふるさと宮城”の魅力をPRし、全国に発信していただくため、宮城県にゆかりのある方々に「みやぎ絆大使」を委嘱。

  6. 5位

    宿毛大使

    中尾ミエ
    宿毛市のPR大使。

  7. 7位

    りくべつオーロラ大使

    パンクブーブー
    「日本一寒い町」と言われる陸別町のPR大使。

  8. 8位

    しゃくなげ大使(福島)

    西田敏行
    福島県との関係が深く、各界で活躍されている方々をしゃくなげ大使に任命。

  9. 9位

    とちぎ未来大使

    大島美幸(森三中)
    県内外で活躍している方で、栃木県に深い愛着を持ち、とちぎの魅力・実力の対外的情報発信を積極的に行ってくれる方に、知事が「とちぎ未来大使」を委嘱。
    栃木県の魅力や、実力などの情報発信。元気なとちぎづくりへの支援。

  10. 9位

    浜松市やらまいか大使

    武田修宏
    浜松の魅力を国内外に広く発信することを使命とした親善大使。
    自分が持つ国内外の人的ネットワークを活用して、ひとりでも多くの皆さんに、「はままつを知ってもらう」、「ハママツに来てもらう」、「HAMAMATSUの素晴らしさを感じてもらう」、そして、浜松を好きになってもらうための活動を行う。

このランキングのコラムを見る