会社の中には尊敬したくなる上司もいれば、社会人としての自覚や意識に疑問を持ってしまう上司もいるもの。今回はそんな「意識低い系上司」から発せられるイラッとする発言について聞いてみたところ、1位には《君のミスで私が怒られるんだよね》が入りました。


 ちなみに、gooの「尊敬できる上司の特徴ランキング」の1位には「責任転嫁しない」が選ばれています。つまり、その逆をいく「部下の仕事に責任を持ってくれない上司」は尊敬にあたらないということに。さらにそれを裏付けるようにgooの「『こんな上司にはついていけない!』と思う上司ランキング 」の3位には、「部下が失敗したとき責任をとらない」が入っています。では、実際にトラブルが起こったときに上司は何をしたら良いのでしょうか? 成人教育学博士の本間正人氏は「相手を責めることなく、パートナーとして何ができるかを考えつつ提案していく姿勢が大切」だと説いています。感情的になるのをやめ、今後のことを共に考える姿勢が上司には必要だといえそうですね。

 2位は《適当にやっておいて》がランク・イン。心理カウンセラーの下園壮太氏は、「最近は部下に自由にやらせる傾向があるが、与えられた自由の幅が広すぎると部下は逆に大きなストレスを抱える」といいます。では部下に過度な負担をかけずに仕事を任せるにはどうしたら良いのかといえば、「能力や経験に合わせて自由にやってもいい部分と縛りをかける部分を細かく伝え、自由をコントロールする。この作業が部下のストレスを軽減する」のだとか。指示を何度も与えるのは上司側からすると面倒な面もありますが、それが管理職の仕事。部下の立場からすれば、ある程度きちんとした指示を出してくれたほうが、仕事も進めやすいと感じるケースが多いのでしょうね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:1453票
投票期間:2013/4/10〜4/22
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません