最近はフェイスブックやインスタグラムなどのSNSの普及により、写真を撮る機会が増えたという人も多いのではないでしょうか。しかし、写真を撮る時によくやるポーズを思い返してみてください。ひょっとすると周囲から「おばさんっぽい」と思われているかも…。そこで今回は、おばさんぽく見える写真のポーズについて探ってみました。

■ひょっとしてオバショット!? おばさんぽく見える写真のポーズランキング
1位:体の前に持ってきたショルダーバッグに両手を添える
2位:斜めに座る
3位:一輪の花を持つ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《体の前に持ってきたショルダーバッグに両手を添える》でした。このポーズを見た瞬間に、周囲の人は心の中でツッコむでしょう「オカンかっ!」と。このショルダーバッグに手を添えるポーズは、アラフィフ以降の女性が旅行先の写真撮影でよくやるポーズ。これを無意識にやってしまったあなたは、ひょとすると立派なおばさんの仲間入りかも? 2位は《斜めに座る》でした。この斜め座りは、子どもが生まれたときに写真館で撮る家族写真、七五三、成人式等での家族写真で母親がとるポーズを連想させます。あるはずもないコサージュが胸元に見えてきそうですね。3位は《一輪の花を持つ》でした。「お花を持つのがかわいく写る秘訣」という時代はもうとっくに終わっています。それどころか、写真を撮る際に花を持って行ったら周囲から「それどこから持ってきた!?」と総ツッコミされてしまいます。
このように、まとめてみると思わず笑ってしまいそうになる愛らしいポーズばかりですね。しかし、流行のポーズは日々変わっています。今は平気でも一年後には「時代遅れ」と言われる可能性もあるので気が抜けませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月10日~2015年2月12日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)