実際にはありえないことも、未来を描いたフィクション作品だからこそ楽しめる漫画やアニメ、映画は多数存在します。はるか未来のことだと思っていた作品が、実は2015年を描いたものだった…なんてことも。そこで今回は、2015年が舞台と知って驚くフィクション作品について探ってみました。

■「実は2015年が舞台」と知って驚くフィクション作品ランキング
1位:新世紀エヴァンゲリオン
2位:バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2
3位:鉄腕アトム
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《新世紀エヴァンゲリオン》でした。今では知らない人がいないほど有名な作品と言っても過言ではない《新世紀エヴァンゲリオン》。大災害「セカンドインパクト」の後、第三使徒サキエルが襲来したのは2015年6月。遠い未来の話だと思い込んでいた人が多かったようですね。2位は《バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2》でした。人気映画シリーズのPart2は、なんと2015年が舞台でした。今見返すと、当時はまだなかった携帯電話のようなものも描かれています。2015年にどれだけの技術が実際に実現しているのか、答え合わせをするのも楽しめそうですね。3位は《鉄腕アトム》でした。アトムの誕生日は2003年4月7日ですが、2015年が舞台となっている物語もいくつかあるようです。実際はアトムのような感情を持ったロボットは世に出ていませんが、ソフトバンクの人型ロボ『Pepper』をはじめ、少しずつ人間に近いロボットが誕生しています
このように、実は2015年が舞台となっていた作品は数多く存在します。今描かれている未来の話も、数十年後には“あたり前”のことになっているかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年1月16日~2015年1月20日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)