カラッと揚がった衣のサクサク感と、食材との相性がたまらない天ぷら。そのまま塩で食材の味を味わうのも良し、ご飯にのせて、甘辛いタレをかけて天丼として食べるも良し。うどんやお蕎麦との相性も抜群です。そんな天ぷらは、野菜や魚介、お肉など、さまざまな食材で楽しむことができます。そこで、みなさんが思う天ぷらの王様は何かランキングにまとめてみました。

■天ぷらの王様ランキング
1位:えび
2位:さつまいも
3位:かぼちゃ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位に選ばれたのは、衣のサクサクとプリプリとした食感がたまらない《えび》でした。《えび》はもともと日本人が大好きな食材の1つ。それをサクサクの衣で包んだ天ぷらは、天丼としても、天ぷら単体としても楽しめる、まさに天ぷらの王様と呼ぶにふさわしい食材かもしれません。2位はホクホクの食感と優しい甘さが絶妙の《さつまいも》。その甘さに、一口食べると思わず笑みが。子供にも大人気の天ぷらメニューの一つですよね。その他、野菜部門では《かぼちゃ》や《れんこん》、お肉部門では《鶏肉(かしわ天)》がランク・インしました。
食材を変えるだけでなく、衣にあおさをまぜるなど、アレンジ次第でレシピが広がる天ぷら。「いけるかな?」と試しに作ってみたメニューが、意外においしかったという経験もあるのではないでしょうか。このランキングを参考に、天ぷらの食材を選んでみては。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年12月24日~2015年1月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)