ちょっと時間が空いた時や、終電を逃してしまった時などに、手軽な料金で利用できるインターネットカフェを活用している方も多いのではないでしょうか。便利な場所である反面、多くの人が利用するため、時にはイラッとすることも。そこで、ネットカフェでイラッとしたことについてみなさんに聞いてみました。

■ネットカフェで「イラッ」としたことランキング
1位:会員証発行がめんどくさかった
2位:トイレが汚かった
3位:まわりから聞こえるイビキがうるさかった
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位に選ばれたのは《会員証の発行がめんどくさかった》です。ネットカフェを悪用した事件や、犯罪者がネカフェを宿や情報収集の場として利用する事件が相次いだことから、会員証発行の際には、本人確認や身分証の提示などが必要となっています。意外と時間がかかることによる不満が多いのかもしれませんね。また、連載物のコミックなどが充実していることから、お気に入りのコミックを求めてネットカフェに足を運ぶ方も多いもの。そんな時、4位の《目的の本が借りられていた》や8位の《読みたい本がめちゃくちゃ汚れていた》といった体験をすると、思わずイラッとしてしまうよう。13位の《会計が遅く、延長料金を取られた》など、料金に関する回答も寄せられています。
利用者の目的に応じてさまざまな使い方ができるネットカフェですが、利用する人のマナーや店員の対応などによって、快適な時間を過ごせるかどうかが決まります。利用する際には他の方がいることも意識しつつ、お互いが気持ちよく利用できるように配慮したいものですね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年12月24日~2015年1月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)