向井理と国仲涼子、菊地凛子と染谷将太といった有名人同士のビッグカップルの結婚に驚いた人も多いのではないでしょうか。しかし一方で「え…あの二人が元夫婦だったの?」と、忘れられている元有名人カップルも。そこで今回は、意外と忘れられている元夫婦だった有名人について探ってみました。

■意外と忘れられている“元夫婦”だった有名人ランキング
1位:アントニオ猪木と倍賞美津子
2位:江角マキコと桐島ローランド
3位:三浦理恵子とダイヤモンドユカイ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《アントニオ猪木と倍賞美津子》でした。ひょっとするとはじめて耳にしたという人も多いのではないでしょうか。人気もの同士の結婚ということで当時話題となり、注目されていましたが1971年から1987年までの16年間の夫婦生活の末に離婚。離婚からもうすぐ30年経つことからも、忘れられつつあるのかもしれませんね。2位は《江角マキコと桐島ローランド》でした。実は女優の江角マキコの元夫は写真家の桐島ローランド。といっても、江角マキコが大ヒットドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)でブレイクする前の9ヵ月間という短い夫婦生活だったよう。現在はフジテレビのディレクターと再婚されています。3位は《三浦理恵子とダイヤモンドユカイ》でした。1997年に結婚し、4年後に離婚した二人。今では三浦理恵子はドラマで大活躍、ダイヤモンドユカイはバラエティ番組で大活躍と、両者ともに別の道を歩みつつも新しい人生を楽しんでいるようですね。
このように、有名人同士の結婚は注目されても、離婚してしまうと意外と忘れられてしまうもの。ひょっとすると、他にも「え…あの人とあの人が?」と驚く元夫婦がいるかもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年12月24日~2015年1月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)