怪しげな宗教やマルチ商法に誘われた経験はありませんか。話を聞いていたら途中で「あれ!? なんかおかしい!」と感じることもあります。今回の調査では、怪しい宗教やマルチ商法に誘われたシチュエーションをランキングにしました。

■怪しい宗教やマルチ商法に誘われたシチュエーションランキング
1位:駅前で知らない人が突然話しかけてきた
2位:疎遠になっていた同級生から急に連絡がきた
3位:自宅に電話がかかってきた
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《駅前で知らない人が突然話しかけてきた》でした。行き交う人の多い駅前では、知らない人に声を掛けられることもありますが、怪しい勧誘ではないか注意したいものです。2位は《疎遠になっていた同級生から急に連絡がきた》。疎遠になっていた同級生からの連絡に喜んでいたら、勧誘でがっかりしたという人もいるよう。3位には《自宅に電話がかかってきた》がランク・イン。はっきりと断って手短に切ってしまいたいものです。4位は《それほど親しくない友人から食事や相談と称して誘われた》、5位には《職場で仲良くなった人から誘われた》が選ばれました。「食事か」と気楽に赴いたら勧誘された、職場で親しい友達が出来たと思い気を許したら勧誘されたという人もいるよう。裏切られたような気分になってしまいそうですね。
怪しげな宗教やマルチ商法に誘われるシチュエーションは、できれば避けたいもの。もし勧誘された場合には、興味を持っていると思われないように、深く話を聞かないうちに、毅然とした態度ではっきり断るようにしましょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年11月4日~11月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)