ITや広告関係など一部の企業で使われている独特のビジネス用語あります。中には、社内の人間でないと意味がわかりにくかったり、カタカナにする必要性が感じられなかったりするものも…。そこで今回はなぜか「鼻につくなぁ」と思ってしまうビジネス用語を調査してみました。

■イラッ!なぜか鼻につくビジネス用語ランキング
1位:Win-Win(ウィンウィン)/両者にとって都合がいいこと
2位:リスケ/予定の日時変更
3位:ベストエフォート/最大の結果を得られるよう努力すること
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《Win-Win(ウィンウィン)/両者にとって都合がいいこと》。この関係はビジネスにおいて理想的な姿ですが、連呼してしまうと「言いたいだけなのでは?」と相手をイラッとさせることもあるので注意が必要です。2位の《リスケ/予定の日時変更》は「リ・スケジュール」の略です。「予定変更」と日本語で言えばいいのでは…と思っている人もいるようです。3位の《ベストエフォート/最大の結果を得られるよう努力すること》には「努力はするが、品質の保証はしない」という意味も含まれています。日本語で言われると引っかかることも、カタカナだと聞き流してしまいそうですね。4位は《ASAP(エーエスエーピー、アサップ)/できるだけ早く》。英単語からなんとなく想像できますが、初めて聞く人にはわかりづらいですよね。5位は《アグリー/支持する、同意する》。素直に日本語と言えばいいのに…と思わずにはいられません。
これらのビジネス用語を多用する人は「自分に酔っているのでは?」と自惚れているように見られることもあるので要注意です。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年11月4日~11月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)