年末年始は飲み会が増える人も多いのではないでしょうか。つい飲み過ぎてしまった翌日の二日酔いはつらいですよね。少しでも早く回復したいもの。そこで今回は、二日酔いがひどい時にすることについて探ってみました。

■二日酔いがひどい時にすること”あるある”ランキング
1位:水をたくさん飲む
2位:とりあえず会社に体調不良の旨をお伝えし、寝る
3位:頭痛薬を飲む
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《水をたくさん飲む》でした。まずは水を飲んで、「体内のアルコール濃度を薄めるたい!」と考える人が多いようです。お酒を飲むと利尿作用が働くことから脱水症状を招きやすい状態になるので、水分補給をすることが大切です。2位は《とりあえず会社に体調不良の旨をお伝えし、寝る》でした。二日酔いがひどすぎて起きられない人もいれば、睡眠時間が短いとお酒はぬけないと感じる人もいるようです。3位は《頭痛薬を飲む》でした。お酒を飲んで体内の水分が不足することで、頭がガンガンするという人が多いよう。頭痛薬と一緒に水もたっぷり飲みたいですね。4位は《気合でどうにかする》でした。もうどうにかするしかなく、気合いで乗り切る強者も多数いるよう。5位は《ウコンを飲む》でした。二日酔い防止で有名なウコンを飲み、できるだけ早い回復を祈るという人も。飲む前にもウコンを摂取しておくとよさそうですね。
このように、二日酔いがひどい時の対応策は人それぞれですが、すぐさま回復することはないよう。後悔することのないよう、お酒に飲まれないように注意してくださいね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年11月4日~11月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)