時代によって美人の定義は移り変わっており、例えば平安時代はふっくらとした下膨れで目の細い人が美人だと言われていますが、現代では全然違いますね。
もちろん美人の定義は人それぞれ違うとは思うのですが、美人と言われれば顔が小さくて目が大きい、スレンダーな人が現代では美人だと言われているかと思います。

今回はそんな美人について、「最も顔面偏差値が高いと思う都道府県」を調査・ランキングにしてみました。
一体どの都道府県に美人が多い印象があったのでしょうか?

1位 東京都
2位 秋田県
3位 沖縄県
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は全国から人が集まる「東京都」!


日本の(事実上)首都であり、各都道府県から人が移り住み続ける「東京都」が堂々の1位に輝きました。
芸能の拠点でもあるため、芸能界に入れる自信のある人などが集まる傾向もあって自然と美人が多い印象になっているようです。

やはりと言うべきか美人と言われる人に地方出身者も多く、以前から東京に多くの美人が生まれ続けてきたという訳ではないようですね。
また人口密度もかなり高くちょっと歩けば多くの人とすれ違う事になり、遭遇率が上がっている事も要因になっているかと思います。

2位は色白美人でお馴染み「秋田県」!


「日本三大美人」としても有名な、肌の白さが特徴の「秋田県」が2位にランク・インしました。
以前より多くの学者が「なぜ秋田に美人が多いのか」を研究するほど美人が多い事で有名ですが、生物学的なアプローチから「少ない日照時間と混血が生んだ奇跡」とまで言われています。

3位は濃いめの美人な印象の「沖縄県」!


濃いめで健康的な肌色の美人が多い「沖縄県」が3位を獲得。
沖縄県出身の芸能人も基本的に顔が濃いめで明るく健康的な印象が強く、沖縄独自の風土や文化、特に食文化が生み出した他の都道府県とは一線を画す美人が多い印象がありますね。

いかがでしたか?
ランキング下位に特に美人がいないという事はないのでしょうが、一時期某番組で山口県について「山口ブス伝説」なるものが流布され、各種SNSやメディアで大荒れになった事もありましたね…。

今回は「最も顔面偏差値が高いと思う都道府県ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜46位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年1月14日~2016年1月19日