テレビドラマへの出演頻度が多かったり、テレビへの登場機会が多かったりする俳優の中には、見かける頻度が高い割には「この人と言えばこの作品!」という代表作に恵まれていない人も存在します。
そこで今回は、代表作が思い浮かばない俳優について探ってみました。

代表作が思い浮かばない俳優ランキング
1位 石田純一
2位 中村昌也
3位 速水もこみち
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は151票で「石田純一」!


最近では、東京都知事選に出馬するしないでメディアを騒がせた石田純一。
元祖トレンディー俳優として80年代~90年代のテレビドラマでの活躍が知られている彼ですが、「代表作は?」と聞かれてもピンとこないという人が多数。
石田純一と言えば『抱きしめたい!』(フジテレビ系)のイメージが強い人も多いようですが、何といってもこのドラマのメインは浅野温子&浅野ゆう子のW浅野コンビ。“代表作”とまでは言えないのではないかという声も多くあげられました。

2位は114票で「中村昌也」!


矢口真里の元夫であり、妻の不倫現場を目撃してしまった悲劇の男性としてお茶の間に知られている中村昌也。矢口真里との結婚ではじめて彼の存在を知ったという人も多数。
現在は「え、中村昌也って俳優だったの?」という人も少なくありません。
実際に『ATARU』(TBS系)、『梅ちゃん先生』(NHK)、『花燃ゆ』(NHK)等の人気ドラマに出演しているものの、どれも主役級とは言えず、代表作には恵まれていないようです。

3位は111票で「速水もこみち」!


イケメン俳優として『ごくせん』(日本テレビ)をはじめ、様々な映画やテレビドラマに出演した経験を持つものの、役柄の印象がどれも強いとは言えず、代表作と言える作品はないようです。
今ではすっかり個性派料理タレントとして知られ、その地位を築きつつあります。

このように、俳優として多くの映画やテレビドラマに出演しているにも関わらず、代表作が思い浮かばないという人も少なくないようです。
気になる4位~28位のランキング結果も要チェック!

みなさんは、今回トップ3に選ばれた俳優の代表作がパッと思いつきますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年8月26日~2016年8月27日