TOKIOのヴォーカルでありつつも、バラエティ番組などで多彩な才能を発揮している長瀬さん。実は「天然ボケキャラ」として知られているんです。みなさんご存じでしたか?
その行動や発言には、ファンならずとも「面白い!」と注目されています。

そこで今回は、長瀬さんの面白おかしい「勘違い」エピソードを調査してきました。
笑っちゃうものから、じわじわくるものまでたくさん。早速確認してください!

TOKIO長瀬智也の天然すぎる勘違いランキング
1位 林家木久蔵(キクゾウ)さんを「もくぞうさん」
2位 江東区を「えとうく」
3位 シベリアンハスキーを「シルベスタ・スタローン」
4位以降のランキング結果はこちら!


1位は林家木久蔵さんを「もくぞう」さんと勘違いエピソードが選ばれました。
長瀬さんは『笑点』出演時、林家木久蔵(はやしややきくぞう)さん(現在は林家木久扇を襲名)のお名前を間違えて「はやしやもくぞうさん」と呼んでしまったとのこと。
これにはTOKIOメンバーはもちろん笑点メンバーもびっくり!さらに、長瀬さんはずっと「もくぞう」だと思っていたという衝撃の事実も発覚しました。

上記の発言に対して、思わず国分さんが「築何年だよ」ってツッコミを入れたのもまた面白いですよね。
ちなみに林家たい平さんが、木久蔵さん改名の際に提案した名前は「林家 木造二階建て築40年2DK風呂無便所共同駅から徒歩10分敷金礼金一か月分ペット不可お天気の日には富士山も見える蔵」という「もくぞう」と呼ばれたエピソードをネタにしています。

2位は江東区を「えとうく」と勘違いエピソードがランク・イン。
東京23区のひとつである「江東区」(こうとうく)。関東圏に住むみなさんなら読み方はご存知かと思います。が、長瀬さんはなんと『ザ!鉄腕!DASH!!』で「えとうく」と呼んでいた事実が発覚。これには国分さんが冷静に「こうとうくね」と訂正し、その後は何事も無く番組は進んだのだそうです。

地名は独特の読み方をするものが多いので、その土地に馴染みのない人なら仕方がない。とはいえ、長瀬さんは生まれた時からずっと関東在住
しかもロケで何度も行っているはずですし、まさかの勘違いっぷりに、思わずツッコミたくなりますよね。

3位はシベリアンハスキーを「シルベスタ・スタローン」と言い間違えてしまったエピソードに。
大型犬を超有名人の名前で呼んでしまうという、衝撃的な事実がランク・イン。
国分さんが、シベリアンハスキーを見て、長瀬さんに「あの犬なんだっけ」と聞いたところ「シルベスタ・スタローン」と答えたんだそうです。

シベリアンハスキーとシルベスタ・スタローンの共通点は最初の「シ」しかありません。一体どうしてこんな勘違いをしてしまったのでしょうか・・・面白い勘違いですが、謎は深まるばかりです。

ランキング上位は、思わずクスっと笑ってしまうものばかりでしたね。どれも天然な長瀬さんらしい勘違いです。
4位~25位のランキングには面白い英語やとんでもない勘違いが盛りだくさん!早速確認して笑っちゃいましょう。

(ライター:いしきりひなほ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年7月27日~2016年7月29日