「結構エロい苗字ってあるよな」「起源もエロいのかな?

苗字がエロいと思う人に出会った事はありますか?筆者はありません。
日本人の名字は読みが違う同じ苗字を別にカウントすると実に30万近くあるらしく、100人以下の珍しい苗字が少なくとも1万程あるそうです。

今回はそんな数ある苗字の中でも「エロ過ぎると思う苗字」を調査・ランキングにしてみました。
このエロ不名誉なランキングの上位に輝いたのは、一体どんな苗字だったのでしょうか?

1位 尾股(おまた)
2位 金玉(きんぎょく、かねたま)
3位 工口(こうくち)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「尾股(おまた)」!


直球か!と言わざるをえない苗字である「尾股」が103票を獲得して1位に輝きました。
この苗字は現栃木県の下野国足利郡小俣が起源とされており、清和天皇の子孫で源姓を賜った、または中臣鎌足が天智天皇より賜ったとされています。
字面はまだマシなのですが、名乗るとき、特に女性の方はなかなか恥ずかしい感じですね。

2位は「金玉(きんぎょく、かねたま)」!


直球か(2回目)!しかも今回は字面も読みもなかなかエロい感じになってしまっていますね。
男子なら確実に学生時代はいじられ続け、女子は思春期に大変恥ずかしい思いをしそうな感じです。

3位は「工口(こうくち)」!


直球か(3回目)!最後は読み方は全く問題ないのに、字面が完全に「エロ」ですね…。
営業の男性ならその字面のインパクトで名刺が強力な武器になりそうですが、女子の場合はいらんセクハラを受けそうな予感しかしません。

いかがでしたか?
結果的には「エロい」ってより「下ネタ」って感じの苗字が上位を占めましたね。

今回は「エロ過ぎる苗字ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜47位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆・イラスト:Hikaru Sano
(参考サイト:名字由来net

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年6月28日~2016年7月1日